株式投資で空売りに適した銘柄を選定する方法を徹底解説!テクニカル分析初心者でも儲ける手法を紹介。

株式投資で空売りに適した銘柄を選定する方法を徹底解説!テクニカル分析初心者でも儲ける手法を紹介。

株式投資方法は株を買うことだけではありません。株を売る「空売り」という手法も存在します。

今回は株の空売りはどのように利用すべきものであるかをご紹介していきたいと思います。

また併せて、効果的な空売り方法や、空売り銘柄の選定方法もご紹介していきます。

 

空売りとは?~株を売って利益を得る方法〜

 

空売りの局面

参考:神東塗料 日足チャート

 

相場で上図のような突発的に上昇する銘柄があります。

こういう銘柄を見たときに「なんで上がっているんだろう」「だまし上げにしか見えない」と思うことはありませんか?

こういう騙し上げ銘柄を売ることで利益を上げることができるのはご存じでしょうか?

それが「空売り」です。

 

【株の空売り・信用買いとは?】信用取引について『逆日歩』等のデメリットも交えながらわかりやすく解説する。

2019.01.16

 

 

空売りはどんな場面で活用すべき?~効果的な空売り方法〜

空売りは実際相場のどのような場面で利用できるのでしょうか。

長期投資銘柄のつなぎ売り

実際投資家が一番活用している空売りは「長期投資銘柄のつなぎ売り」です。

長期投資銘柄のつなぎ売り

参考:西日本旅客鉄道(9021)月足チャート

 

上図は西日本旅客鉄道の月足チャートです。

美しい上昇トレンドを形成していることがわかります。

当然こういった銘柄は買い銘柄ですが、いつも株価が上昇しているわけではありませんよね?

青で囲んだ部分のように大きく値を崩すこともあります。

このように長期で保有している銘柄の株価が下落する局面で空売りをすることで株価の下落にストレスを感じることなく銘柄を保有することができます。

また同時に空売りによる利益も得ることができるため、まさに一石二鳥の投資方法であるといえます。

 

西日本旅客鉄道の貸借倍率

参考:Yahoo Finance『西日本旅客鉄道 貸借倍率』

 

こちらは西日本旅客鉄道の貸借倍率です。

『貸借倍率 = 融資残高 ➗ 貸株残高』で計算されます。

融資残高は『信用買い』の残高で、貸株残高は『信用売り残高』を意味します。

つまり貸借倍率が1倍を超えると信用買いをしている投資家が多い状態です。

一方、一倍を割り込むと『信用売り』をしている投資家が多いことを意味します。

 

0.32倍と信用買い以上に信用売りが入っていることがわかります。

なぜ上昇トレンド銘柄に多くの信用売りが入っているのか?

それは現物で長期投資している人の「つなぎ売り」が入っているからであるといえます。

 

ここで一つ注意点があります。

よく売り長の銘柄(貸借倍率が低い銘柄)は売りの買戻しがあるから上げやすいといわれています。

こうしたつなぎ売りが主流の銘柄ではそれは該当しません。

なぜなら、空売りで踏み上げを食らった場合は現渡しすればよいだけだからです。

 

現渡しとは保有している買い残高で空売りを返済することです。

 

逆にこの「長期投資銘柄のつなぎ売り」は空売りをしてもリスクがない手法であるといえます。

踏み上げを食らえば現渡しするだけでよいからです。

 

売買のリスクヘッジ

空売りによるリスクヘッジ

参考:日経平均株価 日足チャート

 

上図は過去半年間の日経平均株価の推移です。

休む間もなく上下に振れていることがわかります。そこで問題です。

この毎日不規則に動く相場で、どのようにリスクヘッジを行えばよいのでしょうか?

 

そのリスクヘッジに「空売り」が活躍します。

個別銘柄を見ると下げ相場でも上げる銘柄はありますし逆に上げ相場でも下げる銘柄はあるわけです。

ですから下げ銘柄に空売りを入れ、上げ銘柄を購入すれば日経平均株価がどう動こうとも、

買い・売り両方のポジションを持っているため、安定した利益を上げることができます。

 

相場のリスクヘッジとして空売りを活用すると毎日夜中のダウを気にせずに余裕をもってトレードに取り組むことができます。

 

デイトレード

デイトレードを行う際に空売りは最適な手法だといえます。

相場では上昇速度よりも下落スピードが格段速いからです。

空売りが有効な局面

参考:アイフル(8515)5分足チャート

 

上図はアイフルの5分足チャートです。

MACDで完全にダイバージェンスを起こしていることが見て取れます。

 

MACDの見方とは?『ゼロライン』と『ダイバージェンス』を組み合わせて株式投資の勝率をあげよう!

2019.08.05

 

しかも前日の終了間際にデットクロスも起こしているため絶好の空売り銘柄であることがテクニカルから判断できます。

 

よって始値243円から空売りを入れていきます。

始値243円、高値244円ですので問題なく空売りを仕掛けられました。

また買戻しは2回目のボリの下限235円あたりがちょうどよいでしょう。

最初のボリの下限はエクスパンションなので、見送りが正解だからです。

このようにテクニカルを活用することで、簡単に空売りでデイトレードをすることができます。

 

≪注意点≫

空売りはテクニカルで攻略するのが最も成功率の高い投資方法です。

ですから、しっかりとテクニカルの使い方を理解してから実戦に取り組みましょう。

 

見てきたように空売りは長期~デイトレードまで様々な場面で利用することができる便利な投資手法だといえます。

 

空売り銘柄はどのように決めるべき?~空売り銘柄の選び方〜

空売りは便利な投資手法であることがお分かりいただけたと思います。

ここでは、空売り銘柄を選択する方法を投資スパン別にご紹介していきます。

 

長期投資銘柄のつなぎ売り

長期投資銘柄のつなぎ売りで空売りを行う場合は自分の保有銘柄を空売りします。

そこで問題になるのは「いつどこで」空売りを入れればよいのかの判断ですよね?

JR西日本の月足チャート

参考:西日本旅客鉄道(9021)月足チャート

 

単純にMACDだけでも空売りが可能です。しかしMACDは遅行指数であるため売買サインが遅いという特徴があります。

よって、もう少ししっかり空売りで利益を取りたいという場合はボリンジャーバンドを活用するとよいでしょう。

 

【ボリンジャーバンドとは?】見方や使い方をわかりやすく解説!簡単な手法で売買タイミングをつかもう。

2019.08.07

 

空売りする局面

参考:西日本旅客鉄道(9021)週足チャート

 

同じ銘柄でも月足から週足にスパンを替えるだけで、トレード回数を増やすことも可能です。

 

売買のリスクヘッジを行う銘柄の探し方

売買のリスクヘッジに空売りを活用する場合は下げトレンドの銘柄に空売りを仕掛けていきます。

 

ⅰ.空売りに最適な銘柄はエリオット波動の第5波

空売りに最適な銘柄はエリオット波動の第5波です。

 

エリオット波動理論とは?入門者でもフィボナッチと第3波への投資ルールを活用して相場で勝とう!

2019.09.28

 

エリオット波動の5つの波

 

ではオンコリスバイオファーマを例に見てみましょう。

 

オンコリスバイオファーマを例にしたエリオット波動の説明

参考:オンコリスバイオファーマ(4588)週足チャート

 

図の赤丸は1波、水色は3波です。

3波からの下落も相当ですが、すぐ5波で暴騰していることがわかります。

よって、その後踏みあげられることのない5波が空売りに最適な銘柄であるといえます。

 

ⅱ.普段からエリオット波動を意識しながら相場を観察しよう

エリオット波動の第5波の簡単な探し方は存在しません。

ですから、普段からエリオット波動を意識して銘柄をストックしておくことが大事です。

 

デイトレードで空売り銘柄を探す

デイトレードではエリオット波動の第5波の銘柄をそのまま空売りしてもOKです。

新規で空売り銘柄を探すという場合はニュースをチェックすると簡単に銘柄を探すことができます。

 

ⅰ.決算が悪い銘柄

決算が悪い銘柄の場合GDから続落する可能性が高いため空売りでのデイトレード向きの銘柄だといえます。

 

ⅱ.悪いニュースが出た銘柄

レーディングの引き下げや何か企業にとって良くないニュースが出た銘柄もGDから続落する可能性が高いため、

空売りでのデイトレード向きの銘柄だといえます。

 

他にも前日無意味に暴騰した銘柄なども空売りの対象ですが、これは踏まれるリスクが高い(連騰)ためおすすめはできません。

 

まとめ

今回は株の空売りはどのように利用すべきものなのか、効果的な空売り方法、空売り銘柄の選定方法をご紹介してきました。

期間リスク難易度リターン
長期投資銘柄
つなぎ売り
中長期なし
(現渡し可能)
低い低め
売買のリスクヘッジ短期~中期低い低い
(他のポジションと相殺可能)
高い
デイトレードデイトレード高い高い高い

 

青天井でリスクが高いと思われがちな空売りです。

しかし投資初心者や買い専門のトレーダーでも手軽に空売りで利益を上げる方法があることがお分かりいただけたと思います。

うまく空売りを活用して、投資のリターンを上げていきましょう!!

 

「危険だからやめとけ!」と言われるレバレッジの効く「信用取引」を解説!制度・一般取引の違いと取引におすすめ証券会社も紹介。

2019.07.05



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。