iDeCoがわかりやすい本はどれ?多くの書籍の中から8冊を厳選して中身を紹介します

賢くお金をやり繰りし、老後の資金を貯えるための手段としてiDeCo(個人型確定拠出年金)が注目されていますが、勉強しなければ仕組みを理解することはできません。

iDeCoをわかりやすく紹介する書籍は多数出版されていますから、その中から特におすすめできる本をピックアップして、中身を紹介していきます。

 

iDeCoがわかりやすい本①:図解知識ゼロから始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書

確定拠出年金アナリストの大江加代さんと、経済コラムニストとして活躍する大江英樹さんの共著として、2018年1月に出版されました。

iDeCoに関する基礎知識から、手続の仕方や選び方、運用方法、受け取り方、そして困ったときの対処法などがわかりやすく紹介されています。

 

タイトルでも紹介されている通り、文章だけではなく図解で説明されている部分が多く、パラパラとページをめくっているだけでも要点を理解することが可能です。

iDeCoの情報はインターネットなどでも詳しく紹介されていますが、さまざまな情報が一冊にまとめられた決定版ともいえる書籍になります。

 

iDeCoを一切知らないという方はもちろんですが、ある程度知っているという方がおさらいのために購入するための本としてもおすすめです。

図解知識ゼロから始めるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書

iDeCoがわかりやすい本②:知らなきゃもったいない確定拠出年金 2019~2020年版

一般社団法人確定拠出年金推進協会が出版している書籍であり、2019年8月に発売された2019~2020年版が2020年2月現在で最新となっています。

シンプルで真面目なタイトルと表紙ですが、実はDeCoPA(一般社団法人確定拠出年金推進協会)が運営する「DC検定」で使用される公式テキストに指定されている注目すべき書籍です。

 

iDeCoが人気を高めている理由についての説明から、運用することで得られるメリット、そして具体的な運用手順までが詳しく、わかりやすく解説されています。

入門編としての色合いが濃い本ですから、iDeCoを基礎から勉強して知識を付け、せっかくなら検定も受けてワンランク上を目指したいという方におすすめです。

知らなきゃもったいない確定拠出年金 2019~2020年版

iDeCoがわかりやすい本③:はじめての確定拠出年金(日経文庫)

日本経済新聞社で解説員を務め、上級ファイナンシャルプランナーとしての資格も持つ田村正之さんによる著書で、2016年10月に出版されました。

「老後貧乏を防ぐ」というテーマが設定されており、老後資金を940万円上積みするためにiDeCoをフル活用する方法をわかりやすく紹介しています。

 

つまずいてしまうことが多いiDeCoへの加入方法について特に詳しく記されている書籍ですから、まずはスタートラインに立ちたいと考える方が手に取ると有益です。

iDeCoを運用する上でもう一つのカギとなる「受け取り方」にも詳しく迫っており、損をしない運用を目指す上で欠かせない情報が揃っています。

 

日経が出版している書籍らしく、iDeCoが抱える今後の課題などのコラムも充実し、アナリストによる独自の視点からiDeCoの本質を理解できる本としても人気です。

はじめての確定拠出年金(日経文庫)

iDeCoがわかりやすい本④:確定拠出年金完全ガイド(100%ムックシリーズ)

出版社である晋遊舎が2018年3月に出版した書籍で、同社の看板商品として知られる100%ムックシリーズの一つとして販売されています。

iDeCoとは何なのか、口座開設にはどんな手順が必要なのか、どんな点に注意しなければならないのかなど、多くの情報が事細かに解説された書籍です。

 

この本ならではの特徴になっているのが、投資戦略を年代別で紹介していることで、それぞれのライフステージに合った知識を身に付けることができます。

広告などの利権が絡む問題を持ち込まず、プロ目線で本当におすすめできる投資信託だけを紹介している点も魅力といえるでしょう。

 

ムック本であることから写真が多く、カラフルな配色が施されていますので、雑誌感覚で気軽に読めるiDeCoの本を探している方も要注目です。

確定拠出年金完全ガイド(100%ムックシリーズ)

iDeCoがわかりやすい本⑤:得する確定拠出年金 元国税庁調査官が明かす最強の財テク術

元国税庁の法人税担当調査官として10年間勤め上げたキャリアを持ち、現在は経営コンサルタントとして活躍する大村大次郎さんによる2016年10月発売の著書です。

著者ならではの知識や経験を生かした節税術がわかりやすく解説されており、本を参考にしながらiDeCoを使った「三重の節税」を目指すことができます。

 

サラリーマンや主婦に向けた書籍が多い中で、こちらでは自営業やフリーターの方に向けたiDeCoの活用方法が紹介されている点も見逃すことができません。

「確定拠出年金のモデルケース」では、iDeCoを使うとどういった人物がどのような恩恵を受けられるのかといった情報も詳しく紹介されています。

 

また、月5,000円からという明確な予算を打ち出して運用法を解説していますから、多くの予算を用意することが難しいという方も参考にできるでしょう。

得する確定拠出年金 元国税庁調査官が明かす最強の財テク術

iDeCoがわかりやすい本⑥:ズボラな人のための確定拠出年金入門

ファイナンシャルプランナー、社会保険労務士、産業カウンセラーなどの肩書を持つ経済エッセイストの井戸美枝さんによる著書で、2016年10月に出版されました。

お金には無頓着で面倒なことは苦手だという「ズボラ」な方に向けて作られた本ですので、わかりやすさという面で上位に位置するおすすめの書籍です。

 

内容は超初心者向けから中級以上向けにまで区分けされていますので、理解度が深まったと自覚できた段階で次のステップに進むという読み方を選んでも良いでしょう。

これからiDeCoを始める方はもちろん、既にiDeCoを始めている方も、今よりも得ができる投資法を理解しやすい作りになっている点も評価できます。

 

働き方と老後リスク別で見やすい最適ポートフォリオ集も付属していますので、最低限の知識を備えたらすぐにでも資産運用に移行することが可能です。

ズボラな人のための確定拠出年金入門

iDeCoがわかりやすい本⑦:漫画で簡単!女性のための個人型確定拠出年金の入り方

FPアソシエイツ&コンサルティング代表取締役の神戸孝さんと、漫画家の小久ヒロさんが共同で執筆した書籍で、2017年3月に出版されました。

特徴は何といってもコミックエッセイ形式で記されていることであり、文字ばかりを見つめるのが苦手な方でも難なくiDeCoを学ぶことができます。

 

内容も充実しており、iDeCoがどんな制度かを理解するための章や、メリットを紹介する章、そして何を選ぶべきか解説する章をチェックすることが可能です。

最終章では、本を見ながら実際に申し込み書類を書ける項目も用意されていますので、役所に提出するような書類を書くのが苦手という方も参考にできます。

漫画で簡単!女性のための個人型確定拠出年金の入り方

iDeCoがわかりやすい本⑧:シンプルにわかる確定拠出年金(角川新書)

楽天証券経済研究所で客員研究員として活動する山崎元さんの著書で、2017年6月に角川新書として発売されました。

この本では、iDeCoに厚生年金を組み合わせることによる資産形成術が詳しく記されており、誰もが理解しやすいようなシンプルな内容に仕上げられています。

 

金融のプロである著者が余すところなくiDeCoの真実を伝えた本として評価されており、専門家の本音を知りたいという方にとって打ってつけです。

iDeCoという制度そのものの捉え方から、商品の選び方に至るまで、「正しくてシンプルな運用方法」が紹介された注目の一冊といえます。

シンプルにわかる確定拠出年金(角川新書)

まとめ

iDeCoについて詳しく、わかりやすく紹介した書籍は多く、数々の専門家がそれぞれの視点で初心者に向けて、制度の解説や紹介を行っています。

文字が並んだ書籍だけではなく、漫画やムック本などさまざまな形式で関連本が出版されていますから、特に見やすそうだと感じた一冊を手に取ってみましょう。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。