インデックス投資を学べる本7選!おすすめできるそれぞれのほんの特色を一挙公開します

市場全体が上昇している相場であれば、放置しているだけで収入を得られると話題のインデックス投資ですが、初心者にその仕組みを理解することは困難です。

しかし、インデックス投資に注目が集まっている昨今では、インデックス投資を解説する書籍が多く登場していますから、これから紹介する本を参考に理解を深めていきましょう。

 

インデックス投資おすすめ本:インデックス投資は勝者のゲーム 株式市場から確実な利益を得る常識的方法

バンガードの創業者として世界的に有名な故ジョン・C・ボーグルさんの著書であり、日本では2018年に翻訳され、出版されたことで話題になりました。

伝説の投資家としてあまりにも有名なボーグルさん自らが、投資から利益を得るための方法を明かしており、その手法として取り上げているのがインデックス投資になります。

 

方法論としては「低いコストで投資し、長く保有し続ける」というシンプルなものですが、その境地に至るまでの経緯や理論を学べるのはこの本だけです。

本書の初版が出版されたのは2007年であり、ご存知の通りその直後にリーマン・ショックが起こりましたが、その局面を経てもボーグル氏の投資は利益を生み続けています。

 

現在販売されている第10版では、より現代的な内容に情報がアップデートされ、向こう10年を見据えた投資のバイブルとして活用できる内容に仕上げられました。

運の要素も大きい投機に頼るのではなく、長期保有という形を取った本物の投資を行いたいと考える方にとって、最良の教科書になる書籍として評価できます。

インデックス投資は勝者のゲーム 株式市場から確実な利益を得る常識的方法

インデックス投資おすすめ本:毎月3万円で3,000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

老後2,000万円問題は大きな話題になりましたが、この本ではそれを上回る3,000万円の老後に向けた貯金を、毎月3万円の積み立てで作り出すことを目的にしています。

その手法として紹介されているのが、アメリカの主要企業と連動するインデックス投資であり、これを選ぶべき理由や運用の仕方についても詳しく紹介されています。

 

ムリのないお金を投資に回すことを推奨した本なので、タイトルのように毎月3万円の積み立てが困難な場合は、月5,000円からでも有益になる投資術を学ぶことが可能です。

なぜ米国のインデックスに注目すべきなのかという理由の紹介をはじめ、今買うべきおすすめの銘柄も4つ紹介されているので、今すぐ投資をはじめることもできます。

 

インデックス投資のみならず、より身近な存在であるiDeCoとNISAについても簡単に触れられているので、投資全般の知識を身に付けたい方にもおすすめです。

毎月3万円で3,000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

インデックス投資おすすめ本:世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました

早期段階で仕事をリタイアし、インデックス投資を実践しているブロガーのNightWaikerさんによる著書で、著者による実体験を基にした投資法を学ぶことができます。

「投資をしたいけど時間もお金も知識もない」という初心者に向けて書かれているため、解説の内容もシンプルであり、非常に丁寧です。

 

インデックス投資における魅力の一つである、100円から参加できるほど小額投資が可能な仕組みとその生かし方についても、本書からしっかりと学べるでしょう。

インデックス投資とは何なのかといった情報のほか、つみたてNISAをお得に併用する方法などにも詳しく書かれている本なので、一冊で二度おいしい本としても評価できる内容です。

 

さらに注目すべきなのは、暴落という局面でも利益に変えるための裏ワザ的手法が紹介されていることで、相場の流れに左右されない安定した投資を目指す方に向いています。

世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました

インデックス投資おすすめ本:世界一やさしいインデックス投資信託入門 世界一やさしいシリーズ

忙しいサラリーマンに向けた書籍であるため、見やすさやわかりやすさを重視したデザインと編集であり、リラックスしながらインデックス投資を学ぶことができます。

特色としては、20~30代の若年層、40代、そして50代と3段階に分けてシミュレーションを行っていることで、ライフステージに合わせた有効な投資法に触れることが可能です。

 

インデックス投資に重点を置いた内容ですが、株式や債券、国債、そしてiDeCoやNISAに至るまで、数々の投資法を確認できる点も魅力になっています。

投資資金100円からはじめられる「ほったらかし」の運用術を、グラフやチャートを多用したカラフルなページから勉強できる貴重な教科書ともいえるでしょう。

 

シリーズ累計100万部以上を誇る「世界一やさしいシリーズ」のブランドを背負った本なので、初心者が信頼して購入できる本としてもおすすめできます。

世界一やさしいインデックス投資信託入門 世界一やさしいシリーズ

インデックス投資おすすめ本:お金が勝手に増えていく!カンタン!インデックス投資完全ガイド

インデックス投資の「ガイドブック」として位置付けられた書籍であり、ムック形式なので雑誌のように気軽にページを開けるという魅力をもっています。

巻頭部分にはマンガも掲載されるなど、誰が見ても理解しやすいような仕組みが至る所に組み込まれているところが人気の秘密です。

 

著者は伝説の投資ブロガーとして名高い水瀬ケンイチさんであり、彼が15年間という長い年月をかけて培ったノウハウを、本書の中で惜しげもなく公開しています。

水瀬さん本人が監修し、厳選に厳選を重ねた「最強インデックスファンドBEST5」を解説付きで確認できるというだけでも、本書を手に取る価値は十分にあるでしょう。

 

チャプターは入門編、実践編、運用編、極意編、そして出口編に分かれており、見落としてしまいがちな投資の終わらせ方についても理解できます。

お金が勝手に増えていく!カンタン!インデックス投資完全ガイド

インデックス投資おすすめ本:投資の大原則[第2版]人生を豊かにするためのヒント

『ウォール街のランダム・ウォーカー』で知られるバートン・マルキールさんと、『敗者のゲーム』で有名なチャールズ・エリスさんがタッグを組んで作り上げた書籍です。

この本では、投資に向けて5つのルールを設定することを提唱しており、その中の一つとして「インデックスファンドで広範な分散投資を図る」ことを勧めています。

 

現在販売されている第2版は、リーマン・ショック以降に改定された内容であり、提唱する投資スタイルが異常局面で機能するという解説が加えられました。

インデックス投資を実践する上での手順をはじめ、事例を取り上げながら運用方法が開設されているため、リアリティを感じる内容となっています。

投資の大原則[第2版]人生を豊かにするためのヒント

インデックス投資おすすめ本:バリュー投資家のための「米国株」データ分析-ひと握りの優良株が割安になるときの見分け方

低リスクで再現性が高い運用法としてインデックス投資が取り上げられており、米国株への長期バリュー投資をするときに、優良銘柄を見極めるための方法も記されています。

株そのものが優良銘柄かどうかを知る方法に加え、現在割安なのかそれとも割高なのかを冷静に判断し、投資のタイミングを見極めたいときに役立つ情報が詰まっています。

 

細かく利益を重ねる上で避けたいのが二重課税ですが、この制度についても詳しく紹介されており、節税対策として扱えることもこの本の特徴といえるでしょう。

読者特典として米国株データ分析サンプルファイルと、米国株配当集計Excelシートも付属し、本から得た情報をアウトプットして復習に生かすこともできます。

バリュー投資家のための「米国株」データ分析-ひと握りの優良株が割安になるときの見分け方

まとめ

決して派手とはいえないインデックス投資ですが、リスクが少ないことも手伝って注目度が高く、非常に多くの著者が興味深く特徴的な本を出版しています。

インデックス投資を基礎から丁寧に解説している本から、応用方法を紹介した本、年代別に活用できる本など個性豊かなラインナップなので、自分に合う一冊を探してみてください。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。