日本最大投資スクール「PFC」の強みは?特徴や評判を調べ、怪しさの有無を解明します

「日本最大」というキャッチコピーを用いて大々的な運営を行っているPFCには、その影響力の高さ故か、誹謗中傷を行うサイトも登場していると言います。

PFCの特徴や強みを紹介し、評判を探ることによって、PFCが信頼に値する投資スクールなのかどうかについて深く迫りましょう。

 

PFCの特徴

PFCは、2016年5月にFXのコミュニティとして設立されたトレーディングスクールであり、全国合計の会員数は6,000人以上にまで及んでいます。

現在の毎月250人以上が新規入会を果たすなど成長過程であり、初心者のみならず経験者も会員登録を行うなど、幅広い支持を集めているスクールです。

 

スクールの規模としては紛れもなく日本最大級ですが、個々のライフスタイルに合ったカリキュラムが提供され、専業と副業の両方に対応することができます。

指導を行うのは、PFCによって厳選されたトレーダーであり、トレーダーの選考基準は能力や指導力のほか、人間性も重視されることが特徴的です。

 

PFCに入会した場合、一人一人に対して必ず担当のトレーダーが配置され、指導にムラや相違が生じないように、一年間は担当がそのまま継続されます。

さらに個別のレベルを見極めた上でクラス分けが実施されるため、周囲の人々に置いて行かれる心配がなく、入会前に予習する必要すらありません。

 

誹謗中傷は風評被害?

PFCは圧倒的とも言える会員数を誇っているためか、インターネット上では誹謗中傷を含んだ内容のコンテンツが見受けられると言います。

PFCのホームページではこの件について大々的に触れられており、こういったサイトについてあくまでも「デタラメな風評被害」と断罪しています。

 

本件についてネット上の調査を行いましたが、現在は削除されているページもあり、特にPFCに大きな問題があると感じられる箇所は見受けられません。

内容について正しく理解した上で参加すれば、何らかのトラブルに巻き込まれるような恐れはまずないでしょう。

 

PFCに入会すると学べること

日本の学校教育では、投資や資産運用はおろか、経済を学ぶ機会すら限定されており、その事実が資産運用そのものを難化させる原因になっています。

PFCは学校では学ぶことができず、エアポケットのようになっているお金の知識を埋めることを重視した指導を行うことで、資産運用がより身近になるようサポート中です。

 

一方で投機的、ギャンブル的とも取れるような投資の推奨も行っておらず、安心で安全な投資スキルの伝授を最大の目的に据えています。

こういったスタンスで取り組んでいるからこそ入会者からの信頼を集めることに成功しており、設立からわずか3年で多数の入会者を集めることに成功したのです。

 

FXに特化した指導を実施している

PFCが行っているのはFXの運用に特化した指導であり、PFCに入会することによって、FXの基本から応用に至るまでのすべてを学ぶことができます。

知識量についても一切問われませんので、FXという言葉を聞いたことはありますけれど、どんな投資法なのか分からないという初心者の方も快く受け入れています。

 

既にFXの運用を行っているという方に向けては、より奥が深い情報の解説を行い、値動きの仕組みなどFXの特徴そのものの説明を受けることも可能です。

FXと言えばハイリスク・ハイリターンな投資法の典型例とされていますが、一方でやり方次第で安全・安全な運用手段ともいわれています。

 

なぜFXが安心・安全と言えるのかという点への理論的な回答も行われています。

 

PFCの料金や入会方法について

PFCでは、一般的なマネーセミナーとは異なり、初めに初期費用を支払う形で入会を済ませた後に具体的な指導を開始するというシステムを取っています。

初期費用として請求される金額は650,000円で、この料金の中には一年間のサポートにかかる費用がすべてパックされていることが特徴的です。

 

料金を支払って入会しますと、利大損小、すなわち少ない投資で多額のリターンを得るためのノウハウに加え、移動平均線の数値などの詳しい指導を受けられます。

一人一人に付く専任の担当講師による個別サポートは、電話やLINEにまで及んでおり、登録者限定のLINEグループに加入する権利も与えられています。

 

なお、PFCが推奨する通りに証拠金5万円からスタートし、証拠金が0円になってしまった場合には、証拠金5万円と入会金全額の返金が保証されている点も特筆すべき事柄です。

一見すると大きな金額が動く契約になりますが、万一の際には返金措置を受けて決別できますから、決してリスクが大きいとは言えません。

 

支払い方法は現金一括払い、あるいはクレジットカード決済を選ぶことが可能であり、カード決済を選べば分割払いやリボ払いでやり繰りすることも可能です。

 

入会者限定で勉強会も行われている

PFCの入会者には、勉強会への参加資格も与えられており、別途5,000円を支払うことで講師による生の講義を受け、質問を行うことも可能になります。

勉強会の会場は日本全国各地であり、東京や大阪、京都、名古屋などの大都市ばかりでなく、浜松や仙台、福岡などでも勉強会を開催中です。

 

一ヶ月に1~2回のペースで勉強会が開かれていますから、お近くの会場が使用される際には予約を入れ、直接の指導を受けてみても良いでしょう。

入会後も細やかなサポートを行い、メソッドの再確認や噛み砕いた説明を実行に移していることも、PFCが高く評価される要因の一つになっています。

 

PFCに対する評価や評判について

まずはPFCに対する客観的な評価についてですが、日本マーケティングリサーチ機構による調査では、堂々のFX部門3冠を達成するほどの評価を受けています。

具体的には「入会したいFXスクール」「結果が見込めるスクール」「投資家が認めるスクール」の3部門でナンバーワンに輝いたのがPFCです。

 

いずれも最重要部門として考えられる項目ばかりですから、PFCは客観的に見て高く評価されたスクールであると考えて問題ありません。

 

入会者による口コミ

PFCによる独自のランキングでも上位に入ることが多いというSさんは、「スランプというスランプは経験していない」と断言するほど安定した成績を残している様子です。

「トレーダークラスからエキスパートクラスに進み、そこから勝てるようになった」と話すSさんは、クラス変更で相場をより深く理解したことが好成績に繋がっていると話します。

 

この男性は現在500ロットで資産を運用しているとのことで、勝てるタイミングを見極めた投資が功を奏しているとのことでした。

同じく実績者の一人であるMさんは、証拠として取引履歴の画像を添付しており、一週間で約132万円もの利益を荒稼ぎしたことを示しています。

 

元々損切りが苦手だったというMさんは、ピーク時には70万円の含み損を抱えていたとのことですが、PFC講師のアドバイスを受けてこれを即座に決済しました。

その結果として新しく移った取引で合計132万円の利益を生み、過去の損失を一掃するばかりか、差し引きでも巨額の利益を生み出しています。

 

一人一人の得手不得手をしっかりと見極め、冷静な状況判断ができる講師がバックに付くことは、個人トレーダーにとって大きな魅力と言えるでしょう。

 

まとめ

PFCはFXに特化した資産運用をサポートする会社であり、一人一人の入会者に対して担当者が付き、直接指導や電話・LINE指導で力強いバックアップを行っています。

初期費用は650,000円と決して安い金額ではありませんが、これまでに6,000人以上の入会者を擁し、入会を検討する価値は十分にあると言えます。




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。