【完全版・マネックス証券口座開設マニュアル】ツールと米国・中国株取引で評判のネット証券のおすすめポイントと口座開設方法を徹底解説!

【完全版・マネックス証券口座開設マニュアル】ツールと米国・中国株取引で評判のネット証券のおすすめポイントと口座開設方法を徹底解説!

マネックス証券」は楽天証券・SBI証券と並び、主要な「ネット証券会社」としての地位を築いています。

 

マネックス証券の強みは「銘柄スカウター」「トレードステーション 」や資産管理等のツールの利便性の高さです。

また、IPO投資でも取扱数が多く存在感を放っています。

 

外国株取引も、取扱っている国は多くはありません。

しかし、外国株では米国株と中国株に特化しており、取扱銘柄数や手数料に強みを持っています。

 

今回のコンテンツでは、そんなマネックス証券を利用する魅力・メリットを紹介します。

また、実際の口座開設方法について画面付きでわかりやすくナビゲートしていきます。

家三郎
株や投資初心者の方は、まずは楽天証券から開設することをおすすめするぞよ。享受できるメリットの次元が違うのじゃ。

【2019年】おすすめネット証券会社「総合」ランキング!!あらゆる側面から開設すべき証券口座を格付け。

2018.11.11

【完全版・楽天証券口座開設マニュアル】コレだけ読めば万事解決!楽天経済圏を生かした全てのメリットも余すことなく解説。

2019.06.06

マネックス証券の魅力(メリット)6選!

まずは、マネックス証券の魅力について6つに分けてお伝えしていきます。

少額取引にお得な手数料形態!さらにトレードステーション利用で手数料が激安に。

まずはマネックス証券の手数料形態です。

業界最安」とまではいきませんが、リーズナブルな手数料体系で取引を行うことができます。

 

店頭の証券会社で株取引すると片道1%程度の手数料が掛かります。

オンライン証券のメリットは、その往復2%掛かる手数料を大幅に安くしたことです。

マネックス証券でも、概ね片道0.1%程度と、店頭の証券会社に比べると大幅に安い価格での手数料プランを提案しています。

通常マネックス証券口座
1注文の約定金額手数料(税抜き)
10万円以下100円
10万円-20万円180円
20万円-30万円250円
30万円-40万円350円
40万円-50万円450円
50万円-100万円(成行注文)
1000円
(指値注文)
1500円
100万円超(成行注文)
約定金額の0.1%
(指値注文)
約定金額の0.15%

 

また、「トレードステーション」(後述)では通常の証券口座とは異なる手数料プランを提案しています。

これは、1日定額の手数料としては業界でも最安水準で提供しています。

 

通常の証券口座は「1約定あたり」に手数料が掛かります。

トレードステーションは「1日あたり」の手数料が掛かる形態となっておりそこが特徴となります。

トレードステーション手数料
プラン1日の約定代金手数料(税抜き)
ミニ10万円毎50円
ノーマル100万円毎400円
ラージ1,000万円毎3,250円

 

100万円取引した場合手数料はたったの400円、手数料率は0.04%という基準です。

ノーマルプランで40万円未満の取引を行った場合は通常の証券口座の手数料の方が安いです。

しかし、それ以外基本的にはトレードステーションの手数料にメリットがあります。

(おすすめ)日本株銘柄分析ツール「銘柄スカウター」が大変有用

筆者は日本株の個別株売買をしていますが、銘柄選定の際にマネックス証券の「銘柄スカウター」は欠かせないツールです。

正直マネックス証券のサービスで筆者が最も魅力を感じているサービスです。

以下のコンテンツで銘柄スカウターの詳細を解説していますが、ここでも簡単に紹介していきます。

【個人投資家必見】マネックス証券の『銘柄スカウター』が無料なのに個別日本株分析に非常に有用なので紹介する

2019.01.21

 

以下は銘柄スカウターの魅力です。

銘柄スカウターの魅力
最大過去10年分の売上・各種利益水準をデータだけでなく、グラフで推移を可視化させることが可能
売上高(営業・経常・純)利益率やROE・ROAなどの効率性指標も過去推移をグラフで可視化
魅力①、魅力②を通年だけでなく四半期毎でも表示可能
営業CF、投資CF、財務CF、FCFなどの財務の安定性を測るキャッシュ項目についてもデータ並びにグラフで可視化
PERやPBR、配当利回りなどの割安さを示す指標も過去推移をグラフで可視化。
銘柄比較機能で複数銘柄データ並びにグラフを一覧で比較可能。同業他社との比較も横並びにできる

 

例えば「①」「最大過去10年分の売上・各種利益水準をデータだけでなく、グラフで推移を可視化させることが可能」は以下のように売上高や各種利益率が可視化されています。

銘柄スカウターで確認できる利益推移

3年から5年のデータを掲載している証券会社は他にも存在しています。

しかし、10年間、それも複数の指標を可視化できるが銘柄スカウターであり、非常に嬉しい機能です。

 

また「⑤」の「PERやPBR、配当利回りなどの割安さを示す指標も過去推移をグラフで可視化。」は、PER等の指標も今現在の数値はどこでも知ることができます。

過去からの推移で現在がその銘柄史上割安かどうかも見ることができるのが独自の魅力です。

【株価指標まとめ】株式投資で銘柄分析する上で最低限押さえておきたい指標(PER・PBR・ROEなど)とその見方。

2019.05.22
銘柄スカウターで確認できるPERの推移

 

さらに筆者がよく使っている機能に「⑥」の「銘柄比較機能で複数銘柄データ並びにグラフを一覧で比較可能。同業他社との比較も横並びにできる」でお伝えしている、銘柄毎のデータ比較機能があります。

 

例えば、ある企業が割安で魅力的だと思っても業界全体で割安な場合は、業界自体に暗雲が垂れ込めている場合があります。

同業他社の数字を横並びで確認できるのは非常に便利な機能です。

以下がそのデータですが、タブを選択することでグラフでも可視化することができます。

銘柄スカウターの銘柄比較機能

 

個別銘柄分析に欠かすことができない「銘柄スカウター」が口座開設するだけで無料で利用できます。

ぜひ、トレードに活用していきましょう。

 

 

 

 

資産管理ツール『MONEX ONE』『MONEX VIEW β』『MONEX VISION β』

マネックス証券では銘柄分析ツールだけではなく資産管理ツールが非常に優れています。

【MONEX ONE・MONEX VIEW(VISION) β】マネックス証券でお手軽資産管理!あらゆる証券・銀行口座の資産を一元管理。

2019.01.22

 

マネックス証券に口座開設をした方であれば「MONEX ONE」を使いましょう。

例えば、以下のような資産を一括にまとめて自分の総資産を可視化できるようになります。

(他にもポイントカードや公共料金支払いなども登録できます)

MONEX ONEで登録できるもの

 

そして「MONEX ONE」でまとめた資産を「MONEX VIEW β」で一元的に資産推移を確認することができます。

マネックス証券が提供しているサービスなのにマネックス証券以外の資産まで一元的に確認できます。

自分の資産がどれだけ増減しているかをすぐ把握することができますね。

MONEX VIEW βの画面
秀次郎
また、まとめた資産を『国内株式』や『投資信託』『債券』といったようにカテゴリー分けしてくれているのも嬉しいですな。

『MONEX VIEW β』は現時点並びに現在までの資産の推移を可視化したものです。

『MONEX VISION β』では個々人の趣向に合わせて理想のポートフォリオと現在のポートフォリオの差を洗い出して、改善点を提案してくれます。

高機能トレードツール『トレードステーション』を取引手数料無料で提供

マネックス証券は高機能のトレードツールである「トレードステーション」条件なしの無料で提供しています。

マネックス証券のトレードステーションの魅力を紹介!無料で高機能の取引ツールを備えるのに手数料が激安?

2019.01.24

 

■ トレードステーションの魅力:

 

  • 1日定額制で業界最安水準の手数料形態を提供
  • クリック&ドロップで簡単発注・取消・訂正ができる板取引
  • FX同様の画面で注文ができるQTB機能
  • チャートは100種類以上の指標が描画可能
  • チャートから直接発注も可能
  • 他の銘柄を条件に発注条件を設定できる玄人向けアルゴ機能も完備
  • 外からでも簡単手軽描画も可能なスマートフォン版も提供

株式投資初心者の方から、玄人の方まで幅広く対応したシステムを無料で尚且つ激安手数料で提供しているのです。

米国株・中国株取引に力を入れている

外国株取引といえばSBI証券や楽天証券が取扱国数が多い証券会社として有名です。

米国株と中国株については、マネックス証券は特化しており強みを有しております。

 

取引銘柄数が圧倒的であるだけでなく、NISA口座ではなんと買付手数料が無料で、唯一逆指値注文にも対応しています。

また、先ほど出てきたトレードステーションのスマホ版からでも簡単に取引ができるという強みも有しております。

【アメリカ株】米国株投資の魅力と個別株・ETFの注目銘柄をわかりやすく解説!おすすめの証券会社はどこなのか?

2019.01.06
マネックス証券SBI証券楽天証券
取扱銘柄数普通株3,067銘柄
ADR72銘柄
普通株1,263銘柄
ADR140銘柄
普通株1,120銘柄
ADR152銘柄
ETF272銘柄270銘柄286銘柄
売買手数料約定代金の0.45%
最低$5〜上限$20
特定口座取引可能
NISA 取引可能
買付手数料還元!
取引可能
ETF購入手数料還元
取引方法成行・指値に加えて
逆指値・OCO等が可能
指値と成行注文のみ
スマホトレードステーションの
スマホ版から可能
取引不可能

 

さらに、現在米国と共に世界経済を索引している中国株についても、取扱銘柄が最多で尚且つ手数料は最安水準で提供しています。

割安な中国株式市場の概要(種類・証券取引所)とおすすめ銘柄を紹介!更に取引可能な証券会社を徹底比較。

2019.01.23

 

マネックス証券SBI証券楽天証券
香港証券取引所
上場銘柄数
2,058銘柄1,396銘柄681銘柄
上海A株取扱なし取扱なし235銘柄
取引手数料
約定金額香港ドル建の

0.25%
約定金額香港ドル建の
0.26%
約定金額円建の0.5%
最低手数料
45香港ドル(約630円)
47香港ドル(約660円)500円
約定金額10万円まで提供
最大手数料
450香港ドル(約6300円)
470香港ドル(約6600円)5000円
約定金額100万円以上

 

取扱銘柄数は香港証券取引所上場銘柄の3分の2を占めており、尚且つ手数料も最低水準ということで強みを持っています。

秀次郎
国数を絞り特化していることが強みとして現れているのじゃな。

取扱銘柄が多くて平等抽選が嬉しいIPO投資

IPO投資は、新規で上場する前の株を公募価格で購入して上場初日に売却する取引です。

初心者でも9割型(以下表の勝率)利益を獲得することができる、おすすめの投資手法です。

IPO投資の勝率の過去5年推移

当選すれば勝率90%のIPO投資の概要とおすすめの証券会社を紹介!取扱数・主幹事数・平等性から徹底比較。

2019.01.19

 

IPO投資はどこの証券会社でも当選する可能性が同じというわけでもありません。

取り扱っている数も以下の通り、証券会社によって大きく異なります。

IPO投資の各社取扱数

マネックス証券はSBI証券ほどではありませんが、取扱銘柄数はSMBC日興証券とほぼ同数量を扱っております。

そもそも申し込める銘柄数が多いという特徴があります。

 

また抽選方式も証券会社によって異なりますが、SBI証券や楽天証券は申し込み「1単元1票制」を敷いており、資金力が大きいん投資家が有利な抽選方式を敷いています。

 

一方、マネックス証券では『1人1票制』を敷いており、少額しか申し込めない人でも当選する機会が十分に与えられています。

秀次郎
IPO投資するにあたってはマネックス証券は外せない証券会社の一つといっても過言ではないな。

 

マネックス証券の口座開設方法を画面付きで解説〜簡単2ステップで3分以内〜

マネックス証券の口座開設方法についてわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

簡単な個人情報を入力するだけで素早く口座開設手続きが完了して1週間以内に取引が開始できるようになります。

まずは、口座開設ページを開きましょう。

 

 

公式ページをクリックすると以下の画面に遷移しますので、『口座開設はこちら(無料)』をおします・

マネックス証券の口座開設画像遷移①

 

次の画面でデフォルトは『ペーパーレス口座開設』となっております。

基本的には変更不要なので、そのまま進みましょう。

マネックス証券の口座開設画像遷移②

このまましたにスクロールすることによって『お申し込み内容の入力フォームへ』というボタンを押します。

マネックス証券の口座開設画像遷移③

 

次の画面では個人情報について入力します。

氏名や生年月日、住所や連絡先、勤務先などの情報を入力していきましょう。

マネックス証券の口座開設画像遷移④

 

入力しながら下にスクロールしていくと特定口座の開設をするかどうかという選択画面が表れます。

ここは特定口座で問題ありません。

特定口座を開設することによって株式投資に得られた利益について確定申告を行う必要がなくなります。

税金面の心配なしで、株式投資に集中していくことができます。

秀次郎
詳しくそれぞれの口座の違いを知りたい方は「特定口座・一般口座とは?」をチェックじゃ

 

マネックス証券の口座開設画像遷移⑤

全てを入力し終わった後に『次へ(内容確認)』を押します。

マネックス証券の口座開設画像遷移⑥

 

次の画面で入力内容を確認すれば申し込みが完了となります。

まとめ

マネックス証券は『銘柄スカウター』『トレードステーション』『MONEX ONE』『MONEX VIEW(VISION) β』などのツールが非常に充実している証券会社です。

日本株の銘柄のファンダメンタル分析や資産管理を行いたい方には必携ともいえる証券会社です。

さらに、米国・中国株取引に銘柄数手数料の点で強みがあり、IPO投資は取扱銘柄が多く個人投資家に嬉しい平等抽選が行われています。

 

マネックス証券の口座を保有してより充実した株式投資・資産運用ライフを送りましょう!

他ネット証券会社についても解説していますので、楽天証券を開設後に検討する際に活用してください。

【完全版・SBI証券口座開設マニュアル】評判のSBI証券の特徴とメリットを徹底紹介!画面付きで口座開設までナビゲート。

2019.01.08

【完全版・松井証券口座開設マニュアル】ネット証券の老舗・先駆者!全てのおすすめポイントと口座開設方法を画面付きで解説。

2019.01.19

【完全版・SMBC日興証券口座開設マニュアル】IPO投資と信用取引に強い証券会社の魅力!画面付きで口座開設方法についても解説。

2019.01.26

【完全版・ライブスター証券口座開設マニュアル】手数料が安いと評判の証券会社の魅力と口座開設方法をわかりやすく解説。

2019.01.27

 

ジャンルごとのランキングも用意しております。

[総合・おすすめネット証券ランキング]

【2019年】おすすめネット証券会社「総合」ランキング!!あらゆる側面から開設すべき証券口座を格付け。

2018.11.11
家三郎
ぶっちゃけこのランキングだけで十分じゃ。

 

手数料比較

【手数料比較】おすすめネット証券会社をランキング形式で紹介。

2019.03.18

[投資信託向け]

【投資信託向け】おすすめのネット証券会社をランキング形式で紹介!

2019.03.19

[IPO投資向け]

【IPO投資向け】におすすめのネット証券会社をランキング形式で紹介。

2019.03.22

[信用取引向け]

【信用取引向け】おすすめネット証券会社ランキングBEST3を紹介。

2019.03.18

[つみたてNISA向け]

【つみたてNISA向け】株式投資初心者に適したおすすめのネット証券をランキング形式で徹底比較。

2019.03.21

 

以上、【完全版・マネックス証券口座開設マニュアル】ツールと米国・中国株取引で評判のネット証券のおすすめポイントと口座開設方法を徹底解説!…でした




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。