【MMTとは?】今話題沸騰中の現代貨幣理論(Modern Monetary Theory)について概要をわかりやすく紐解く!

皆さんMMTという言葉を聞いたことはありますでしょうか?

今、日本や米国といった先進諸国で脚光を浴びている理論です。

 

あくまで理論なので正しいことが証明されているわけではありません。

しかし、MMTが実践されればデフレに苦しむ日本の現状を脱却することができる可能性を秘めています。

 

信太郎
MMT理論は名前は難しいが理論自体はそこまで難しくはないぞ!今回はMMT理論の基本的な概要部分をわかりやすく紐解いていきたいと思う!

 

MMT理論(現代貨幣理論)が急に話題に上がっている背景

そもそもMMT理論が話題に上がっている背景について見ていきましょう。

そもそも誰によって提唱されているの?

 

信太郎
主にMMT理論は1990年代に以下の4人が提唱したと言われておるの!

 

米投資家:ウォーレン・モスラー
豪州ニューカッスル大:ビル・ミッチェル
米ミズーリ大:ランダル・レイ
米NY州立大:ステファニー・ケルトン

 

中でもステファイー・ケルトン氏は大統領選で民主党代表候補をバイデン氏と争ったサンダース上院議員の顧問を務めています。

ケルトン教授は昨年来日して話題を呼びましたね。

 

MMTが注目された契機

淀姫
1990年代からMMT理論は存在していたのに、何故急に話題にあがったんじゃ?
信太郎
米国の有力者が支持を表明したことが発端じゃな!

 

2018年11月にNY州から米国連邦議会下院選に出馬したアレクサンドリア・オカシオ・コルテズ氏がMMT理論に対して支持を表明しました。

実際、彼女は史上最年少の女性下院議員でもあることから話題を呼ぶ契機となったのです。

 

更に、先ほどお伝えした通り大統領選のサンダース議員の顧問を務めていたのがケルトン氏であったことからも注目が増していったのです。

 

日本で注目が高まっている理由

ご存知の通り、日本は世界最大の対GDP比債務を抱えています。

債務超過が懸念されて久しいですが、インフレはおろかデフレに長期間苦しめられています。

MMT理論が実践されれば、現在の日本の低成長デフレの状況を覆すことができる可能性があるのです。

 

信太郎
個人的にはMMT理論を実践することが救国の手段じゃと思っておる。

 

そもそもMMT理論(=現代貨幣理論)とは?

 

信太郎
では本題にはいっていくぞ!

 

そもそもMMT理論を一文で完結に表現すると以下の通りとなります。

 

MMT理論

自国通貨を発行する政府は、高インフレの懸念が無い限り財政赤字を心配する必要がない。

 

淀姫
・・どういうことですか。。
信太郎
うむ。予備知識なく読むとなぜ財政赤字を心配する必要がないのか疑問になるよの。

 

日本や米国のような国は中央政府が通貨を発行する権利を有しています。

言われてみれば当たり前のことですが、通貨を発行する権利があるのであれば債務を返済できなくなる事態は発生しません。

 

デフォルトして話題になったギリシャは通貨統合によってユーロを使用していたため、

自国通貨の発行権を保有していなかったので外国建の債務を返済することができずデフォルトとなってしまったのです。

 

一方、日本の場合は日本円の通貨発行権を有しています。ギリシャとは全く状況が違っているのです。

100兆円の借金の返済が迫れば、100兆円分の日本円を発行して返済すれば良いだけですからね。

 

信太郎
この点は日本の財務省も公式に認めておるところじゃ!

 

自国通貨建の債務のデフォルトは発生しえない

参照:財務省

 

 

淀姫
言われてみれば、当たり前といえば当たり前じゃな。

 

しかし、市中に流通する通貨量が増加すれば当然通貨の価値は希釈化します。

通貨の価値が希釈化すると、相対的にモノやサービスの価値が高くなるのでインフレが発生します。

 

信太郎
じゃから、高インフレの懸念が無い限りという文言をつけておるんじゃ!

 

裏を返すと高インフレの懸念が無い限りは通貨発行権を有する政府は財政赤字を気にせずに景気対策に専念すべきという主張になります。

 

マネタリーベースとマネーサプライ(マネーストック)の違い

 

淀姫
あれ、しかし日本は日銀の金融緩和で日本円を擦りまくっているんですよね。。何故インフレにならないんですか?
信太郎
良い質問じゃ!そちはマネタリーベースとマネーサプライを混同しておるんじゃ!

 

日銀は確かに国債を引き受ける代わりに日本円を発行しているので日銀のバランスシートは拡大の一途をたどっています。

結果的に日本国内全体に存在する日本円の総量である「マネタリーベース」は拡大の一途をたどっています。

しかし、実際のところ以下のとおりインフレは発生していません。

 

マネタリーベースとインフレ率

 

信太郎
一見するとインフレしそうじゃよな。ただ、市中に流通しているマネーサプライは殆ど増えておらんのじゃ。
淀姫
どういうことです?

 

現在、日銀が行なっている金融緩和を簡単に図示すると以下の仕組みとなります。

 

 

日本の金融緩和の仕組み

 

 

日本政府が発行した国債を直接日本銀行が引き受けることは現行法上できません。

現在の日銀の金融緩和は市中銀行が保有する国債を日銀が引き受ける仕組みで実施されているのです。

 

発行された日本円を市中銀行が貸し出しを行うことで市中に流通する日本円の総量(=マネーサプライ)は増加します。

しかし、現在日本の民間企業は資金需要がないので市中金融機関が貸し出しを増やしてマネーサプライを増加させることができないのです。

結果、マネーサプライはわずかしか増えておらずインフレが発生していないのです。

 

 

淀姫
じゃあ、貸し出されていない資金はどうなっているのですか?
信太郎
市中金融機関が保有する日本銀行の口座に滞留しておるんじゃ。そこで日銀が日銀口座の中の一部にマイナス金利を貸して銀行に貸し出しを行うようにプレッシャーをかけておるんじゃな。

 

コロナショックでの日本銀行の追加の金融緩和でハイパーインフレが発生するのかをわかりやすく解説!

コロナショックでの日本銀行の追加の金融緩和でハイパーインフレが発生するのかをわかりやすく解説!

2020年4月29日

 

通貨が増える仕組「信用創造」を理解しよう!

それでは本題に戻していきます。MMTを理解するためには信用創造という仕組みを理解する必要があります。

現代貨幣理論という名前なので、貨幣の捉え方が非常に重要になってくるのです。

商品貨幣論と信用貨幣論

まず従来の貨幣に対する考え方は商品貨幣論に基づいています。

商品貨幣論では貨幣の価値は貴金属のような有価物に裏付けされるものとして考えます。

 

信太郎
昔は金と通貨の交換比率が定められておる金本位制じゃったからの!お金は物に裏付けられた価値をもつものという考え方じゃ。

 

金本位制とは?誕生の経緯とその仕組み・メリットとデメリットをわかりやすく解説。

【金本位制とは?】誕生の経緯とその仕組み・メリットとデメリットをわかりやすく解説。

2019年3月24日

 

ただ、既にニクソンショック以降、金本位制は終了しています。

そこでMMT理論では信用貨幣論という考え方で通貨をとらえます。

 

信用貨幣論では貨幣を負債の一種とみなします。

例えば、Aさんがイチゴを保有しておりBさんが秋刀魚をもっていたとします。

まず、AさんがBさんに春にイチゴを渡すとします。Bさんは債務証書としてAさんに貨幣を渡します。

Aさんは秋にBさんから貰った債務証書である貨幣を引き渡すことで秋刀魚を受け取ることができるのです。

つまり、貨幣というのは負債を発生させるという考えを信用貨幣論では行います。

 

銀行が貸し出しを行う時に通貨が創造される(信用創造)

 

信太郎
先ほどは物々交換を例に説明したが、もう少し大局的に見ていこうぞ!

 

貨幣と一言に行っても、現金と銀行預金に分かれます。そして殆どは銀行預金として存在しています。

 

信太郎
ところで、銀行が貸し出しする時、何を原資に貸し出していると思う?
淀姫
それは、皆さんから集めた預金の中から貸し出しているんではないですか?
信太郎
残念じゃが不正解じゃ。無から貸し出しを生み出しておるんじゃ。そして貸し出しを行うことで通貨が創造されるんじゃ。
淀姫
・・・・。

 

先ほどの物々交換の例を思い返してみてください。Aさんが苺を春に渡した時に貨幣が創造されました。

銀行という括りで見ても当然ですが同じことがいえます。

 

意外な事実かもしれませんが銀行が民間に貸し出しを行うことで通貨が創造されるのです。

そして、貸し出しが返済されることで通貨が消滅するという仕組みなのです。

 

銀行の資金制約とは?

 

淀姫
いくらでも貸し出すことができるということは資金制約は銀行はないのではないですか?
信太郎
供給面からは無限じゃが、需要面からの限界があるぞ!

 

確かに、銀行は預金を元に貸し出しを行なっているわけではないので理論上いくらでも貸し出しを行うことができるように思われます。

しかし、貸し手がいるということは裏を返せば借り手がいるということになります。

 

借り手である民間企業の資金需要がないような状況では、いくら銀行が貸し出しを行おうとしても貸し出すことができないのです。

現状、民間の資金需要が旺盛ではないので貸し出しを増やすことができずマネーサプライが上昇していないのです。

 

コラム:通貨の価値は納税手段として担保

 

淀姫
信用創造で無から通貨を生み出せるのであれば通貨を通貨たらしめているものはなんですか?
信太郎
国家権力じゃ。

 

国家が納税手段として自国通貨を指定することで通貨が価値を持つことになります。

つまり、国家権力である徴税権こそが通貨を通貨たらしめているとMMTでは考えるのです。

結果、増税すると納税の手段である通貨の価値があがり、減税すると通貨の価値が下がります。

 

民間の資金需要が枯渇しているならば政府が支出をするしかない!

先ほど申し上げました通り、現在の日本では民間の資金需要が少ないので貸し出しを増やすことができずマネーサプライは増えません。

結果として通貨流通量は増加せず現在の日本のようにインフレが発生しないのです。

 

淀姫
では、デフレを抜け出すためにはどうしたらよいのですか?
信太郎
民間では不可能じゃが、政府であれば強制的に資金需要を作りだすことができるぞ!

 

今までの議論から預金は貸し出しの原資ではないので、民間貯蓄も国債発行の制約とはならないことが理解いただけるかと思います。

政府が財政出動することで国家は財政赤字となります。

しかし、国家が財政赤字となることは同額の民間貯蓄を生み出すことを意味します。

 

淀姫
どういうことです?
信太郎
簡単な例でみていこうぞ!

 

例えば、政府が公共事業を行うために国債を発行するとします。

すると、市中銀行が国債引き受け時に創造された日本円を政府が民間企業に対して公共事業の対価として支払います。

結果、支払われた日本円が民間企業の貯蓄として増え、従業員の給与としても還元され民間貯蓄自体が増加するのです。

 

信太郎
つまり、政府の負債は民間の貯蓄ということじゃな!
淀姫
つまり、政府の負債である国債を返済するということは、国民の貯蓄が同額分失われるということを意味しているのですね。。
信太郎
そういうことじゃ!財政再建を名目にプライマリーバランスを黒字化してしまっては国民の貯蓄が減少することを意味するんじゃ。恐ろしい政策じゃな。そんなことしていては経済が沈没してしまうよの。

 

つまり、日本が先進国でも例外的にインフレが発生していないのは明らかに政府支出が足りないことが主因ともいえるのです。

以下は2001年以降の先進国の政府支出の伸びをグラフ化したものです。

 

日本の少なすぎる政府支出の伸び

 

淀姫
明らかに日本だけ政府支出の伸びが少ないですね。。
信太郎
うむ。日本に必要なのは緊縮ではなく寧ろ積極的な財政支出であることがMMT理論を元にすれば分かるの!

 

そして、政府の借金が増えたところで日本円建で発行されているので、通貨発行権を有する日本国はデフォルトとなることはありません。

資金需要が旺盛になり適度なインフレに持ち直すまで政府支出を増加する必要があるのです。

当然財政支出と同様に減税も同様の効果をもたらします。

 

信太郎
消費税増税で緊縮している政府の政策には頭を抱えるわい。。

 

税金はインフレ率の調整としての役割を果たすものと考えればよいという考えです。

インフレが高進する局面では増税が必要ですが、デフレの局面では減税が必要ということですね。

 

まとめ〜MMT理論が否定する従来の常識〜

 

信太郎
今回のポイントを元にMMT理論が否定する従来の常識についてみていくぞ!

 

【政府には民間同様に予算制約がある → 間違い】

民間貯蓄と国債発行は紐づいていないため予算制約はない。また、政府は通貨発行権があるのでデフォルトはしない。

 

【財政赤字は有害 → 間違い】

政府の赤字は民間の貯蓄。寧ろ資金需要がない現在の日本のような国では財政赤字を拡大させる必要がある。インフレが高進しない限りにおいて財政赤字の増加は気にする必要がない。

 

【財政赤字は投資に使える民間貯蓄を減らす → 間違い】

寧ろ、財政支出によって信用創造が行われマネーサプライが上昇する。政府が使用した分は民間の貯蓄となる。

 

【財政赤字は将来世代に禍根を残す → 間違い】

そもそも財政赤字は国民の資産です。財政赤字を返済する必要はありません。寧ろ財政赤字の縮小は家計資産の縮小を意味し国民が貧しくなります。

 

比較優位を発見したリカードとは?

【2020年版!代表的な政治・経済用語特集】コレさえ読めば基本はOK!トレンドも押さえて知識を投資に活かそう。

2019年7月30日

[お金の学校特集]

 

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてました。

 

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

 

知識をしっかり仕入れた上で投資は実践していく必要があります。

 

 

その知識を学ぶにあたり、近年「お金の学校」への注目が高まっています。

 

長年、資産運用を学んできた編集部が、お金を専門としたスクールについての特集コンテンツを作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の学校特集

お金の学校の特集へ

 

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。