【9984】ソフトバンクグループの有利子負債が15.7兆円と巨額!持続可能性と株価の今後の見通しを予想する。

ソフトバンクの有利子負債が13兆8247億円と巨額に ~借金は持続可能な水準?~

孫正義氏が率いる「ソフトバンクグループ」は日本を代表とする企業です。

因みに2018年12月に分離して上場したソフトバンクは通信事業を行っている子会社です。

【9434】高配当利回りが魅力のソフトバンクの株価推移を予想する!IPOの公募価格を上回り今後はテイクオフか!?

2019.09.12

 

ソフトバンクは近年は基盤となっている通信事業に加えて、積極的なM&A買収を行い業容の拡大を行っていました。

信太郎
近年は事業投資会社としての要素が強くなっておりもはや通信事業会社ではないんじゃ。

 

現在ではソフトバンクの競合他社は以前、筆者が勤務していたような総合商社と言われ、現在の保有株式金額は27兆円と巨額になっています。

 

2018年12月に独立分離して上場させた通信事業子会社のソフトバンク株式会社についても『日本の優良高配当株』で分析しています。

ソフトバンクの保有株式の金額27兆円

 

ソフトバンクは借入を行なった上で度重なる買収の結果、有利子負債ベースで日本の国家歳入の3分の1程度に膨らんでいます。

 

このコンテンツでは、ソフトバンクの経営が大丈夫なのか?

株価の見通しは良好なのか?

 

という点についてお伝えしていきたいと思います。

目次

ソフトバンクの15.7兆円の莫大な有利子負債-事業投資の果てに-

まずはソフトバンクのバランスシートについて見ていきましょう。

【貸借対照表とは?】BS(バランスシート)の見方を紐解く!『株主資本』『自己資本』『純資産』の違いとは?

2019.05.05

 

以下はソフトバンクの決算説明資料における説明です。

ソフトバンクグループの一年以内に返済を迎える短期有利子負債3.5兆円、長期有利子負債は12.2兆円で合計15.7兆円となっています。

ソフトバンクの純有利子負債

ソフトバンク連結決算

 

ソフトバンクの説明によると、子会社の有利子負債のうちソフトバンクグループの債務保証がない分が9兆円あるとのことです。

ソフトバンクのネットの有利子負債は6.7兆円となっています。

 

秀次郎
独立採算のノンリコースとはどういう意味ですか!?

ノンリコース融資は企業が保有する事業や資産の売却から生ずる収益のみを返済の原資とする融資です。

 

つまり子会社のノンリコースローンについてはソフトバンクグループの返済義務はないということです。

さらに現金を2.3兆円保有しているのでネットネットで4.4兆円が本当の有利子負債だと宣言しています。

信太郎
少し暴論のような気がするが、倒産しないために返済する有利子負債という意味では4.4兆円ということになるの。

 

目次に戻る

キャッシュフローからみる有利子負債の返済可能性

以下はソフトバンクのキャッシュフローの過去10年推移です。

 

ソフトバンクのキャッシュフロー10年推移

 

営業キャッシュフローも年々増加して近年は1兆円から1.5兆円を生み出し続けています。

しかし、ご覧の通り投資に次ぐ投資を実行していった結果投資CFが営業CFを上回り続け有利子負債の増加を招いています。

 

現在の17兆円の総額の有利子負債を現預金3.8兆円と営業CFのみで返済するとすると13年間。

ノンリコースと現預金を除く4.4兆円を返済するには僅か4年間となります。

 

しかし、通信事業を行う事業体として独立したソフトバング株式会社からの営業CFが8200億円と80%を占めています。

ノンリコースローンも事業からの収益については返済の義務がありますので実際には13年間ということですね。

 

ただ、貸出先に困っている銀行が元本の返済を困る可能性は低く、むしろ支払利息を支払っていけるか?収益に大きな影響を与えないかが重要となります。

信太郎
銀行としては利子を貰えればよいからな。

 

2019年度の支払い利息は6337億円と巨額になっていますが、営業キャッシュフローで賄うことができているので倒産等の心配はないといえるでしょう。

 

ソフトバンクグループの損益計算書

ソフトバンク『2019年3月期決算短信』

 

 

目次に戻る

ソフトバンクの株価水準は割安なのか?孫社長の自社株買の真意に迫る。

ソフトバンクは2019年2月に6000億円の自社株買を行うことを発表しました。

ソフトバンクグループは6日、6000億円を上限とする自社株買いの実施を発表した。規模は過去最大で、自社株買いの実施はおよそ3年ぶり。

発行済み株式数の10.3%(自社株除く)に当たる。期間は2月7日から2020年1月31日までで、取得資金は通信子会社ソフトバンク上場による手取金の一部を使う。株価は通常取引終了後の電子取引で上昇した。

記者会見した孫正義社長は、負債を除くソフトバンクGの保有株式価値が21兆円に対し、現在の時価総額は9兆円で、「私は安過ぎると思う」と発言。「どういう行動をするかと言えば、自社株買いをする。全て消却する予定」と述べた。

(引用:Bloomberg)

 

発行済み株式の10%というのは非常に大きな自社株買で理由として孫社長自体が自身の会社の株が安いからと述べています。

 

自社株買はROEやEPSを引き上げる効果がありますが、同様に会社が自社の株価が割安だと思っていると市場に宣伝する行動にもなります。

株主還元策として注目される「自社株買い」実施の理由とは?株主に対するメリットと共にわかりやすく解説する。

2019.02.13

 

 

秀次郎
本当にソフトバンク株は安いんですか??
信太郎
実際に分析してみよう。

 

以下はソフトバンクの過去10年間の業績推移ですが、売上高、営業利益、経常利益、純利益共に右肩上がりなのが見て取れます。

ソフトバンクの売上高、営業利益、経常利益、純利益
決算期売上高営業利益経常利益純利益
2007/032,544,219271,065153,42328,815
2008/032,776,168324,287258,614108,624
2009/032,673,035359,121225,66143,172
2010/032,763,406465,871340,99796,716
2011/033,004,640629,163520,414189,712
2012/033,202,435675,283573,651313,752
2013/03 I3,202,536799,399715,504372,481
2014/03 I6,666,6511,085,362932,367527,035
2015/03 I8,670,221982,7031,277,045668,361
2016/03 I9,153,549999,4881,005,764474,172
2017/03 I8,901,0041,025,999712,5261,426,308
2018/03 I9,158,7651,303,801384,6301,038,977
2019/03 I9,602,2362,353,9311,691,3021,411,199

 

株価は1株あたりの株の価格なので、1株あたりの純利益(EPS)と1株あたりの純資産(BPS)でも見ていきましょう。

1株あたりの純利益であるEPSとBPSも右肩上がりになっています。

決算期EPSBPS
2007/0313.8679.1
2008/0352.2804.6
2009/0320.7353.8
2010/0346.4444.7
2011/0391.1587.6
2012/03150.6888.0
2013/03 I178.81,530.4
2014/03 I253.01,855.5
2015/03 I320.92,700.9
2016/03 I227.62,480.1
2017/03 I684.73,403.2
2018/03 I498.84,919.4
2019/03 I677.57,232.2

 

2007年のEPS26.5→2020年の予想EPS2123を年率の成長率で計算すると脅威の40.1%となります。

一方現在の株価は11,550円であるため予想PERは5.44倍と異常なレベルの割安となります。

 

バフェットと同じく米国で有名んばファンドマネージャーであるピーターリンチ氏は、「PER < EPS」成長率であれば魅力的であると述べています。

 

PERが5.4倍でEPS成長率が40%というのは明らかに割安な水準ということが出来ますね。

 

目次に戻る

コラム〜企業分析をすると、難しい単語が多く難解?〜

ソフトバンクの株価予想をする前に、ブレークタイムです。

企業の財務諸表や事業環境を分析していくと、非常に難しい単語が多いことに気づいたのではないでしょうか?

秀次郎
たしかに、ノンリコースとか、EPS、BPSと覚えにくそうな単語がたくさんあったのぉ。

 

しかし、これらの単語をスムーズに理解し覚えるためにはやはり、経済・株式などの「基礎知識」が必要です。

基礎知識があれば、意外と次々に難しい単語も理解できるものです。

 

しかし、基礎知識を学ぶにも、どのように勉強したら良いのか、本を読めば良いのか、なかなか最適な勉強方法がわからないものです。

 

経済やお金、株について学べば、毎日新聞を読むだけでも楽しい時間が過ごせます。

しかし、勉強方法が間違っていることにより、有用な知識を獲得する前に、挫折してしまう人が少なくありません。

 

効率的に、着実に経済やお金、株式投資について学ぶ気があるのであれば、現代は「お金の学校」という選択肢があります。

ひとつ、検討してみるのもありですね。

 

【お金の学校特集】失敗しない資産運用!金融知識(マネーリテラシー)を高める勉強・学習をするならこんなふうに。

2019.06.28

 

さて、ソフトバンクの株価予想に入っていきましょう。

 

目次に戻る

ソフトバンクの株価を予想。13000円-21000円が妥当

ではソフトバンクの株価について予想していきましょう。

同じ事業投資会社である総合商社と比較すると13,000-15,000円が妥当なレベル

以下はソフトバンクと同じく事業投資を生業としている総合商社のデータとソフトバンクを並べたものです。

ソフトバンク5大商社平均三菱商事三井物産住友商事伊藤忠商事丸紅
予想PER5.4倍 6.2倍7.9 倍6.3 倍5.8 倍5.9 倍5.2 倍
PBR1.71 倍0.79倍0.84 倍0.67 倍0.71 倍1.00 倍0.72 倍
予想配当利回0.76%4.81%4.16%4.88%5.74%4.42%4.85%
実績配当利回0.38%4.57%4.16%4.88%4.78%4.32%4.72%
ROE18.52%12.07%10.37%9.72%11.57%17.04%11.67%
ROA3.91%3.89%3.57%3.47%4.05%4.96%3.39%
自己資本比率21.10%32.66%34.50%35.70%35.00%29.10%29.00%

 

信太郎
事業投資業界自体がPERが著しく低いのが見て取れますね。

 

仮に総合商社平均の6.2倍まで増加すると、予想EPS2123円ベースだと株価は13,162円と現在の11,550円から15%ほどの上昇が見込めます。

 

実際はEPS成長率やROEが総合商社よりはるかに高いので15,000円を超えても全然おかしくありません。

保有している株式価値から逆算すると20,000円レベルが妥当な水準

次にソフトバンクの決算説明資料からみる孫社長が妥当なレベルと考えている株価水準についてお伝えします。

 

現在最初にお伝えした通り時価にして27兆円分の株価を保有しています。

 

ソフトバンクの保有株式の金額27兆円

 

ここから先ほどのノンリコースローンとソフトバンクグループの現金を差し引いた純粋な返済義務のある4兆円の負債を差し引くと23兆円が株式価値であると説明しています。

信太郎
ただわしはノンリコースローンも結局負債には変わらないと思うのでそれも加味するとするぞ。

 

ノンリコースローンを加味すると株式価値は14兆円になります。

1株あたりに直すと発行済株式数は1,100,660,365株 (11億株)なので、株主価値を割り返すことで理論株価が導き出されます。

会社発表の予想株価21,688円
ノンリコース加味後12,727円

 

目次に戻る

まとめ

ソフトバンクの有利子負債は15.7兆円と巨大ですが、ノンリコースローン並びに保有している現金を差し引くと4.4兆円となります。

 

営業CFは年間1.1兆円あることを鑑みるとデフォルトに陥る危機にはないと言えるでしょう。

 

一方、2019年2月にソフトバンクは自社株買を発表した理由として自社株が安すぎるからと決算発表で孫正義社長は発表しました。

 

たしかに、現在の株価は利益水準からすると割安で保守的にみても10%-15%、会社予想では現在から2倍程度の価値があると算定されています。

 

以下の通り、各ケースでの適正株価水準ですが現在の11,500円はいずれのケースも割安であるという結果が導かれました。

 

総合商社と比較した結果13,162円-15,000円
会社発表の予想株価21,688円
会社発表の予想株価から
ノンリコースを控除
12,727円

 

 

以上、ソフトバンクグループ(9984)の有利子負債が15.7兆円と巨額!持続可能性と株価の今後の見通しを予想する。…でした!

 

【通信・キャリア株見通し】ソフトバンク・ドコモをはじめとした携帯会社個別株式銘柄を分析&株価予想!

2019.09.16

 




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。