時価総額の意味と算出方法とは?東証一部時価総額の推移と日本企業の時価総額ランキングを含めて紹介する!

時価総額の意味と算出方法とは?東証一部時価総額の推移と日本企業の時価総額ランキングを含めて紹介する!

ニュースなどで時価総額という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

時価総額は企業の規模を表す指標です。

 

秀次郎
企業に規模といってもどのような指標なのかわからないのですが・・。時価がついてるので高級寿司の価格みたいですね・・。
信太郎
なかなか鋭いではないか!わしが分かりやすく説明していくぞ!

 

本日は時価総額について以下の点をお伝えしていきたいと思います。

時価総額とはそもそもどのような指標なのか?

時価総額がどのような局面で使用されているのか?

日本の時価総額が高い企業の規模はどの程度なのか?

 

 

時価総額の意味と算出方法とは?

「時価総額」とは一体どういう意味なのかを説明していきます。

まず「時価」とは現時点で株式市場において成立している株価のことをいいます。

 

信太郎
つまり、ある企業Aの現在の株価が2000円であれば時価は2000円となるぞ!

 

株式市場に流通している株式はトレーダーによって売買されてその需要と供給によって株価が変動します。

つまり、時価は1つではなく日々刻刻と変化する価格です。

 

時価総額とは文字通り時価の『総額』です。

株式企業は事業を営むために株式市場に対して株を発行して資金を調達しています。

発行した株の総量を『発行済株式数』と呼びます。

時価総額は『時価』に総量である『発行済株式数』をかけて算出されます。

 

信太郎
株を保有している株主は企業の所有者じゃ。極論株を全部買い占めることができたら企業の完全なオーナーになるの。
秀次郎
ということは全ての株を買い占めるためには『時価総額』分の金額が必要ということですね!
信太郎
そういうことじゃ!つまり『時価総額』は『企業の規模』を表す指標として求められるんじゃ!

 

企業同士を比べる指標として1つ「株価」が思い浮かぶと思います。

ただし企業同士の株価がかけ離れすぎていては、株価のみでの比較は難しいですよね。

 

「株価(時価)×発行済株式数」とすることで、その企業の株式市場でのプレゼンスを表現することができるのです。

株価だけで比較するのではなく発行済株式数を考慮することで、企業価値が正当に評価できるようになりました。

このような理由から、時価総額は企業の価値を表す指標として親しまれています。

 

コラム①:東証一部時価総額の推移と時価総額毎の企業の分布

「東京証券取引所市場第1部の時価総額」といった言葉を聞いたことがありませんか?

東証1部に上場している企業2,151社(2019年9月20日現在)の時価総額を合計したものになります。

 

以下は東証一部の時価総額の推移です。

東証一部の時価総額

参照:日本取引所グループ

 

現在(2019年10月末)時点の東証一部時価総額は600兆円という規模になっています。

 

ちなみに現在日本に上場されている銘柄の時価総額の分布は以下となっています。

日本の企業の時価総額の分布

 

殆どの銘柄は500億円未満の企業で、我々が名前を知っている有名企業は基本的には1兆円以上の時価総額を誇ります。

殆どの日本人は日本の上場株の僅か5%程度しか知らないということですね。

 

因みに以下は平成元年と平成30年時点での世界の時価総額の変化です。

バブル絶頂期の1989年においては日本企業が時価総額世界Top10のうち7個を占めていました。

 

平成元年世界時価総額平成30年世界時価総額
順位企業順位企業
1日本NTT1米国アップル
2日本日本興業銀行2米国アマゾン
3日本住友銀行3米国アルファベット
4日本富士銀行4米国マイクロソフト
5日本第一勧銀5米国フェイスブック
6米国IBM6中国バークシャー
7日本三菱銀行7中国アリババ
8米国エクソン8中国テンセント
9日本東京電力9米国JPモルガン
10英国ロイヤルダッチシェル10米国エクソンモービル

 

しかし、2018年(平成30年)の時点では時価総額Top10は様変わりしています。

米国のFAANGや金融機関と中国のテックジャイアントに取って代わられています。

 

因みに日本企業の時価総額首位のトヨタ自動車でも第35位という状況になっています。

 

注意点①:政府保有により発行済株式数と上場株式数が異なる場合

ここまで説明してきた時価総額は「時価×発行済株式数」で算出していました。

算出方法に関して2つ例外があるので知っておくといいでしょう。

 

1つ目は発行済株式数と上場株式数が異なる場合です。

 

普通株だけ発行する会社であれば発行済株式数と上場株式数は一致します。

 

会社が発行することをあらかじめ定款に定めている株式数(授権株式数)のうち、会社が既に発行した株式数のことです。
普通株式のみを発行する会社では通常、発行済株式数は上場株式数と一致しています。

引用:日本取引所グループ

 

発行済株式数の一部を政府が保有している場合にはその限りではありません。

この場合の時価総額は「時価×上場株式数」で算出しますので注意してください。

 

例えばNTTを例として取り上げます。

NTTの発行済株式数は以下の通りとなります。

 

NTTの発行済株式数

引用:NTT有価証券報告書

 

しかし内訳をみると34.87%が政府および地方公共団体によって保有されています。

NTTの株主の保有状況

引用:NTTの有価証券報告書

 

つまりNTTの時価総額は以下のように算出されます。

NTT時価総額=(発行済株式1,950,394,470 – 政府保有株 679,141,900) × 株価5329=6.77兆円

 

注意点②:TOPIXは時価総額加重平均指数だが浮動株に限る

2つめは、TOPIX(東証株価指数)を算出する場合です。

TOPIXという株価指数をご存知でしょうか?

 

信太郎
TOPIXは東証一部に上場している企業を対象とする株価指数じゃ!

 

【TOPIX】トピックス(東証株価指数)とは?日経平均株価とは何が異なるかを初心者にもわかりやすく解説。

2019.02.01

 

 

TOPIXは「構成銘柄の時価総額÷基準時価総額×100」で算出されるのです。

この時価総額は、上場株式数のうち大株主などの安定株主の保有株数を差し引いた「浮動株数」をもとに算出されます。

 

この時差し引いた大株主などの安定株主が保有していて株式市場に流通して売買される可能性が低い株式を「固定株」といいます。

つまり「浮動株」はその逆で、株式市場で売買される可能性が高い株式のことです。

 

安定株主の特徴と近年『持ち合い株式』が減少している理由を解説!浮動株が少ない株で利益を上げよう。

2019.10.16

 

TOPIXと同じような時価総額加重平均指数は1990年代から世界的に浮動株をもとに算出しようという動きが広がりました。

そこで、日本もTOPIXにおいて2006年浮動株による算出方法に移行しました。

 

コラム②:TOPIXと日経平均株価

 

秀次郎
因みにTOPIXよりよく耳にする日経平均株価とはなんですか?
信太郎
日経平均株価は東証一部の中から厳選された225銘柄の『平均株価指数』じゃ!

 

日経平均株価(NIKKEI225)とは?初心者にもわかりやすく歴史・特徴・算出方法を徹底解説!

2019.01.31

 

平均株価指数は時価総額ではなく文字通り株価を平均する指数です。

TOPIXは時価総額が大きい銘柄の影響を大きく受けるのに対して日経平均株価は株価が高い銘柄に大きく影響をうけます。

 

以下がTOPIXと日経平均の構成上位銘柄です。

TOPIXは時価総額が大きいトヨタ自動車が構成Topになっています。

一方、日経平均株価はファーストリテイリングが構成比率Topで9%近い割合を占めます。

 

順位TOPIX構成上位構成比率日経平均構成上位構成比率
1位トヨタ自動車3.38%ファーストイリテリング8.85%
2位三菱UFJ1.75%ソフトバンクグループ4.54%
3位ソニー1.69%ファナック3.26%
4位NTT1.42%KDDI2.90%
5位ソフトバンクグループ1.42%東京エレクトロン2.78%
6位キーエンス1.29%ユニファミリーマート2.26%
7位三井住友1.20%テルモ2.00%
8位ホンダ1.16%京セラ2.17%
9位みずほ1.08%ダイキン工業2.09%
10位KDDI1.07%信越化学工業1.63%

 

信太郎
ファーストリテイリングの1株の価格は7万円近いからの。他を圧倒しておるから日経平均での影響力が高いんじゃ。

 

両者の算出方法は大きくことなりますが結果的に値動きとしては殆ど似たような動きとなっています。

日経平均株価とTOPIXの値動きの違い

 

時価総額が大きいメリット

企業にとって、時価総額が大きいことにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

1つずつ紹介していきます。

 

買収の対象から除外されやすくなる

企業が買収されるとき、支払われるのは時価総額(買収価格)です。

つまり、企業買収側からすると時価総額が大きい企業は買収対象として手を出しにくくなります。

 

信用性が上がる

企業は、資金調達の一環で株式を発行して株主から出資を受けていますよね。

人々は時価総額が大きい企業を見ると信用性を感じやすい傾向があります。

それが結果として「もっと株式を買おう」と思えることに繋がります。

 

すると資金調達がさらに円滑に進むので事業活動を行いやすくなっていきます。

企業にとって非常にいい流れが生まれるというわけです。

 

投資家は小型株効果を利用しよう!

株式投資をしている方にとって企業の時価総額は、企業間の比較をして銘柄選びをするにあたって非常にいい材料です。

とくにファンダメンタルズ分析に重きを置かれている方にとって時価総額は大切な指標となります。

ここでは、時価総額を利用すると何が得られるのかについてお話していきます。

 

小型株効果を見極められる

時価総額を最もトレードに活かすことができるのは小型株効果です。

 

信太郎
株式投資の世界では時価総額が小さい株の方が投資利回りが高いという『小型株効果』というアノマリーが存在するんじゃ!

 

投資のアノマリーとは?有名な「1月効果」「セルインメイ」「小型株効果」「割安株効果」を検証する。

2019.04.27

 

以下は米国の株式の1970年-2010年のリターンであり年率リターンは小型株がグロース株を大きく上回っております。

 

小型バリュー株15% > 大型バリュー株10.5%

小型グルース株8.8% > 大型グロース株 7.6%

 

米国株の小型株投資の優位性

 

日本株においても同様の効果が確認されています。

 

時価総額の低い銘柄でテンバガー銘柄をソートしよう!

 

更に大きく上昇する銘柄を選ぶ際には小型株を狙うのが定石です。

株価が10倍に上昇する銘柄をテンバガーと呼びます。

 

【テンバガーとは?】低価格株が急上昇!?テンバガー銘柄の過去事例を紹介。

2019.08.02

 

テンバガーも小型株に多く存在しています。

過去10年間にテンバガーは164銘柄存在していましたが、137銘柄は時価総額が100億円未満の銘柄から排出されました。

先ほどの現時点の時価総額を表した図をご覧ください。

 

日本の企業の時価総額の分布

 

100億円未満の銘柄は1350社となっています。

確率的には約10%近い銘柄がテンバガーになる可能性を秘めていることになります。

 

同業界内で比較ができる

さまざまな分析をしたうえで自動車業界に投資すべきであるという判断に落ち着いたとします。

ただし、自動車業界の企業は日本国内だけでもたくさんあります。

 

【自動車株見通し】おすすめはやはり日本最大の企業「トヨタ自動車」?自動車関連株式銘柄を分析&株価予想!

2019.09.10

 

自動車業界の中から適切に企業同士を比較して銘柄選びをする必要がありますよね。

 

そのような場合には、自動車業界各社の時価総額を比較してみましょう。

自分が企業に持っていたイメージや知名度の高さ、利益の大きさによる予測とはまた打って変わった結果が現れることがあります。

 

銘柄名トヨタ自動車日産自動車本田技研工業マツダ三菱自動車工業
時価総額224,788 億円32,643 億円51,381 億円7,083 億円7,794 億円
銘柄名スズキSUBARUいすゞ自動車ヤマハ発動機日野自動車
時価総額25,397 億円21,660 億円10,707 億円6,794 億円4,987 億円

 

トヨタ自動車がTopなのは言わずもがなです。

しかし、スズキやSUBARUが時価総額でマツダや三菱自動車を上回っていることは意外だったのではないでしょうか?

 

時価総額の大きい企業は買収の危機に晒される可能性も低く、危機発生時の耐性が強いという特徴があります。

投資を行う上での一つの指標とすることができるでしょう。

 

国際間で比較ができる

時価総額は世界共通の指標です。

つまり日本国内に限らず海外企業との比較もできます。

同業界の日本企業と海外企業を比較してみると面白いかもしれません。

 

時価総額が高い日本企業ランキング

ここで気になるのが、日本で時価総額が高い企業はどこなのかですよね。

 

本記事では、2019年9月18日終値時点の時価総額が高い日本企業ランキングトップ10をご紹介します。

順位企業時価総額説明
1位トヨタ自動車24,211,441日本の大手自動車メーカー。また、ダイハツ工業と日野自動車の親会社。SUBARUの筆頭株主でもある。
2位NTT10,331,240日本電信電話株式会社等に関する法律によって設立された持株会社でありNTTグループの持株会社
3位ソフトバンクG9,611,056日本の携帯電話の電気通信事業者やインターネット関連会社を傘下に置く持株会社
4位NTTドコモ9,402,016携帯電話の無線通信サービスを提供する日本の最大手移動体通信事業者
5位キーエンス8,155,970大阪府に本社を置く自動制御機器・計測機器・情報機器などの開発や製造販売をおこなう企業
6位ソニー8,135,345東京都に本社を置く多国籍企業で、ソニーグループを統括する事業持株会社
7位三菱UFJFG7,735,958日本の金融持株会社であり、TOPIX Core30の構成銘柄の1つ
8位アフラック7,559,698生命保険や医療保険を販売するアメリカの保険会社
9位ソフトバンク7,369,810ソフトバンクグループ(株)の傘下の企業で2018年末上場。
日本で携帯電話の無線通信サービスを提供する日本大手電気通信事業者
10位ファースト
リテイリング
6,922,267()ユニクロなどの衣料品会社を傘下に持つ

 

1度は絶対に聞いたことがある有名企業ばかりが並んでいますよね。

トヨタ自動車は2位以下の企業を大きく離して断然トップを貫いています。

 

日本の株式市場全体の時価総額は約600兆円といわれています。

トヨタは全体の約3.5%を占める大企業であることが分かります。

 

 

まとめ

本記事では、時価総額の意味や大きくあることのメリットや活かし方、時価総額が高い日本企業トップ10をご紹介しました。

時価総額は企業にとってもトレーダーとっても、重要な指標であることがお分かりいただけたかと思います。

 

ただし、投資をする際は時価総額が大きいからといってその企業の株を買うのではなく、

株価の動向や流動性などを鑑みて銘柄選びをおこなうことが大切です。

 

【基本「株」用語・基礎知識】株式投資初心者が取引を始める上で最低限知っておくべきこと。

2019.05.21



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。