【ミネルヴィニの成長株投資法】株価のサイクルを見極めて投資銘柄を絞り込むための基準をわかりやすく解説。機関投資家も参戦する絶好の買い場「第2ステージ」を捉えよ!

【ミネルヴィニの成長株投資法】株価のサイクルを見極めて投資銘柄を絞り込むための基準をわかりやすく解説!

生ける伝説的トレーダー”のマーク・ミネルヴィニ氏は、アメリカ屈指の投資家であるウィリアム・J・オニール氏と並んで米国グロース株投資の巨匠としての地位を築いています。

信太郎
オニールの投資法であるCAN-SLIM投資法については以前解説しておるぞ!

 

【成長株発掘法】ウィリアム・J・オニール流銘柄選定術「CAN-SLIM」の「CAN」についてわかりやすく解説する!

【成長株発掘法】ウィリアム・J・オニール流銘柄選定術「CAN-SLIM」の「CAN」についてわかりやすく解説する!

2020年7月21日
ウィリアム・J・オニールの成長株発掘法で紹介されている「CAN-SLIM」の「SLIM」についてわかりやすく解説する!

ウィリアム・J・オニールの成長株発掘法で紹介されている「CAN-SLIM」の「SLIM」についてわかりやすく解説する!

2020年7月25日

 

今回からはオニールの成長株投資法を元に、グロース株のもう一人の巨匠であるミネルヴィニの投資法について概要を解説していきたいと思います。

両者の書を読んだ感想としては、言葉は変えているものの基本的にスタイルは同じだということです。

 

二人ともまずはチャートを分析し、チャートが魅力的な形をしている銘柄にファンダメンタル分析を施しエントリーするというスタイルを取っています。

 

特にミネルヴィニはファンダメンタルが素晴らしくてもチャートがダメならエントリーしないと明言しています。

銘柄選定のファーストステップとしてチャート分析を行うことを推奨しています。

 

つまり、テクニカル分析を行った上でファンダメンタル分析を行い銘柄を絞っていくということですね。

 

秀次郎
ファンダメンタル分析は労力を要しますからね。まずはチャートの形でしぼるのは労力的にも合理的ですね!
信太郎
うむ。今回はまずミネルヴィニの魅力的と捉えるチャートの条件についてお伝えしていくぞ!

 

急上昇銘柄の株価は4つのステージを形成する

桁違いに上昇する銘柄は横ばい圏から上昇して天井をつけ、下落する過程で4つのステージがあることを観測したとしています。

そして、この株価の動きの背景いあるのは利益であるとしています。

 

信太郎
つまり、さえない業績からポジティブサプライズや成長加速で急上昇して成長減速で失望を招いて下落するという流れを辿るということじゃな。

 

そして、この値動きは主に機関投資家によって形成されるとしています。

ミネルヴィニが分類した4つのステージの概要は以下となります。

 

ステージどのような値動き?機関投資家
第1ステージ横ばい。底固め。無関心
第2ステージ上昇局面買い
第3ステージ天井圏売り
第4ステージ下落全ての投資家が投げ売り

 

それでは各ステージの特徴と、条件について見て行きたいと思います。

 

第1ステージ:底固めを行いエネルギーをためているフェーズ

機関投資家からは放置されているフェーズです。第1フェーズでは、魅力ある銘柄でも買うのは避けるべきと警鐘を鳴らしています。

以下のような値動きの時を第1ステージとしています。

第1ステージのチャート

 

秀次郎
株価に流れがなければ、ただただ時間だけが過ぎるのを待つことになってしまいますからね。。
信太郎
第1ステージの特徴として以下のような特徴を挙げておる!

 

■:横ばいが続く

■:200日(又は40週)移動平均線の近くで上下する。この局面が何ヶ月、何年もつづくこともある。

■:第4ステージで株価が数ヶ月以上下げた後に第1ステージに入ることがよくある

■:通常出来高は直前の第4ステージに比べて少なくなる

 

信太郎
ミネルヴィニは最安値で買うのではなく急上昇する前に買うことを志しておるゆえ、第1ステージは無視せよとしておる!機会損失じゃからの。

 

第2ステージ:機関投資家も購入する絶好の買い場

第2ステージこそミネルヴィニが銘柄を仕込む絶好のタイミングとしているタイミングです。

第1ステージの長い冬眠期間を超えて機関投資家を含めて買い上がり株価が上昇に転じるステージです。

第2ステージの値動き

まず、第1ステージから第2ステージへの転換の基準を見て行きましょう。

信太郎
以下の条件が整えば、第1ステージを抜け出して第2ステージに移行したことを意味するぞ!

 

■:株価が150日と200日の移動平均線を上回っている

■:150日移動平均線が200日移動平均線を上回っている

■:200日移動平均線がうわ抜きになっている

■:高値と安値の切り上げが続いている

■:上昇のときに出来高は急増して押し目の時に出来高は少なくなる

■:出来高を伴って下落した週よりも、出来高を伴って上昇した週の方が多い

 

第2ステージへの移行はサプライズ決算や新製品や新進気鋭のCEOの就任などのゲームチェンジを起点として行われるとしています。

上昇する時は機関投資家の買いによって出来高と株価が急騰して、下落する時は出来高が減るという特徴があります。

 

信太郎
この期間に更に力強い利益の伸びが確認されれば上昇は継続して素晴らしいリターンをもたらすぞ!

 

第2ステージの期間の値動き

 

第二ステージを通じて確認される特徴は以下となっています。

 

■:株価は200日(又は40週)移動平均線を上回っている

■:200日移動平均線自体も上昇トレンド

■:150日(30週)移動平均線が200日(40週)移動平均線を上回っている

■:株価は高値と安値を階段状に切り上げている

■:短期の移動平均線は長期の移動平均線を上回っている(例:50日 vs 150日)

■:上昇のときに出来高は急増して押し目の時に出来高は少なくなる

 

第3ステージ:天井圏〜機関投資家の売り抜けフェーズ〜

株価はまだじり高を継続しながらも出来高を伴った押しや値動きがあらくなり出来高が増えていく天井圏のフェーズです。

第3フェースでは機関投資家による買い集めは終了し、むしろ売り抜けに移ってきています。

第3ステージの株価

決算毎にポジティブサプライズが続くと期待値が高まり続け、いつかは予想を上回ることができなくなります。

結果としていつかは失望を招き株価は急激に失速し天井圏を形成します。

信太郎
永遠に期待を超え続けることは不可能ということじゃな。成長株の定めなんじゃと思う。

 

第3ステージの特徴は以下の通りです。

■:株価は変動幅が大きくボラティリティが高まる。全体的に株価が上昇していたとしても株価の動きは不規則。

■:出来高を伴って大きくしたにブレイクする。第2ステージ始まってい以来の1日で最大の下落となる。

■:株価は200日移動平均線を下抜くかもしれない。第3ステージにあれば天井をつける間に数回200日移動平均線を上下する。

■:200日移動平均線は勢いを失って横向きとなり下降トレンドに転換する

 

まだ高い利益をあげているうちに天井をつける銘柄は非常に多いと警鐘をならしています。

利益見通しが暗くなることを確認してから売却をしていては含み益のほとんどを失う可能性があります。

 

そのため、第3フェーズに差し掛かっている兆候が見られたら売却して利益を確定した方が合理的なのです。

 

〜マネリテコラム〜人気のズーム・ビデオ・コミュニケーションズ($ZM)は第3フェーズ??

コロナショック以降人気を博したズームは現在株価的には苦境に立たされています。

ズームは果たして現在どのフェーズにいるのでしょうか?

 

以下は200日移動平均線150日移動平均線50日移動平均線を描画した日足チャートです。

ズームの日足チャート

 

では第2フェーズの特徴を検証していきましょう。

■:株価は200日(又は40週)移動平均線を上回っている

残念ながら下回っています

■:200日移動平均線自体も上昇トレンド

ギリギリ上昇トレンドです

■:150日(30週)移動平均線が200日(40週)移動平均線を上回っている

上回っています

■:株価は高値と安値を階段状に切り上げている

残念ながら切り下げています

■:短期の移動平均線は長期の移動平均線を上回っている(例:50日 vs 150日)

残念ながら50日は150日の下にあります

■:上昇のときに出来高は急増して押し目の時に出来高は少なくなる

逆の下落の時に出来高が大きくなっています

 

上記を見る限り、第2フェーズということはできなさそうですね。

次に第3フェーズの特徴を検証していきましょう。

 

■:株価は変動幅が大きくボラティリティが高まる。全体的に株価が上昇していたとしても株価の動きは不規則。

たしかに上昇一辺倒だった時に比べて価格の値動きは不規則でボラティリティは高まっています。

■:出来高を伴って大きくしたにブレイクする。第2ステージ始まって以来の1日で最大の下落となる。

出来高を伴って150日移動平均線と200日移動平均線を割り込んでいます。

■:株価は200日移動平均線を下抜くかもしれない。第3ステージにあれば天井をつける間に数回200日移動平均線を上下する。

直近200日移動平均線を下回ってしまっています

■:200日移動平均線は勢いを失って横向きとなり下降トレンドに転換する

まだギリギリ上むきですが殆ど横ばいになっています。

 

200日戦はギリギリ上方向ですが、その他は第3フェーズの特徴を備えており現在第3フェーズにあるといってよい状況です。

次の決算が期待を下回ると次の第4フェーズに移行する確率が高いので要注意だと考えています。

 

ただ、ポジティブサプライズやグッドニュースで第2ステージの軌道に戻るようなことがあれば積極的に購入を進めていきたいところですね。

 

第4ステージ:投げ売りフェーズ

ネガティブサプライズとなる発表があると、いよいよ下落に転じます。

それは、決算でのEPSの減速であったり、ガイダンスが低かったり、決算前の下方修正であったり、アナリストの格下げだったりします。

 

株価の第4ステージ

第4ステージの特徴は以下となります。第2ステージとは反対の特徴を備えています。

 

■:株価は200日(40週)移動平均線を下回っている

■:200日移動平均線は明らかな下降トレンドに

■:株価は52週安値をつけているか、そこに近い水準

■:株価は安値と高値が段階的に切り下げている

■:短期の移動平均線は長期の移動平均線を下回っている

■:株価が大きく下落する日や週には出来高が急増し、戻りでは対照的に出来高が減っている

■:上昇する日や週とりも下落する日や週の時に、平均以上の出来高になることが多い

 

ただ一度ステージ4になったからといって終わりではありません。

真の成長企業は再びステージ1に戻っていくのです。

株価のサイクル

 

信太郎
アムジェン以外にも以下のように成長企業は同じ軌跡を辿るとしておるぞ!
成長株の値動きのパターン2 成長株の値動きのパターン3

 

第2フェーズを狙い撃つためのトレンドテンプレート

 

信太郎
ここまでの展開で第二フェーズの期間に投資する重要性がわかったと思う。

 

ミネルヴィニは第2フェーズでなければたとえファンダメンタルが良好でも投資することはないとしています。

順張りは大きく勝つための基本ですからね。では第2フェーズを狙い撃つための条件はあるのでしょうか?

ミネルヴィニは皆さんにもわかりやすいようにトレンドテンプレートを作り、テクニカル面から銘柄を絞る指針を与えてくれています。

 

トレンドテンプレート

■:現在の株価が150日(30週)と200日(40週)の移動平均線を上回っている

■:150日移動平均線は200日移動平均線を上回っている

■:200日移動平均線は少なくとも1ヶ月は上昇トレンドにある(望ましくは4ヶ月〜5ヶ月)

■:50日(10週)移動平均線は150日移動平均線と200日移動平均線を上回っている

■:現在の株価は50日移動平均線を上回っている

■:現在の株価は52週安値よりも、少なくとも30%高い。(最も良い候補の多くは底固めの期間を抜けて大きく上昇する前に52週安値から100%-300%以上あげている)

■:現在の株価は52週高値から少なくとも25%以内にある(新高値から近い方がよい)

■:オニールのレラティブストレングスのランキングは最低でも70以上、できれば80以上がよい。

 

第2ステージの最良のタイミングでエントリーしよう!

ここまで第2ステージにある銘柄の見分け方についてお伝えしてきましたえが、ここまではまだ道の途中です。

信太郎
第2ステージの最良のポイントで購入するのが一番良いに決まっておるの!

 

以前エリオット波動でお伝えした通り、株価は単調に右肩あがりに上昇するわけではありません。

徐々に波動を形成しながら上昇していくわけです。

 

全体的な長期の上昇トレンドの中に現れる押し目とベースがあります。

この期間にエネルギーを蓄えて、ベースを上抜けた時に仕込むことで大きなリターンを得ることができます。

 

信太郎
以下のように第2ステージの途中でベースを形成しながら上昇してくぞ!

 

第2ステージの中にあらわれるベース 第2ステージの中にあらわれるベース2 第2ステージの中にあらわれるベース3

 

ミネルヴィ二が狙う第2ステージの中のエントリーポイント

では具体的にどのような条件の時に仕込むのが最良のエントリーなのでしょうか?

 

信太郎
オニールが好むカップウィズハンドルと似ておるぞ!ミネルヴィニは騙しのベースにひっかからないようにエントリーするポイントの特徴について伝えてくれておる。
秀次郎
ベースからの上抜けで買った瞬間に腰折れするパターン多いですからね。。ワシも騙しに合わない方法を模索しておったゆえ嬉しいですぞ!

 

ミネルヴィ二はベースの中でボラティリティ出来高が減少していき最終的に出来高を伴ってブレイクした時を買いのポイントとしています。

 

秀次郎
ボラティリティが低くなるというのはどういうことですか?
信太郎
ベースの中での値幅が徐々に小さくなっていることじゃ!例えば以下の例のようにベースの中で最初の高値と安値の差は31%じゃったが、次は17%、次は8%、最後は3%というように値幅が小さくなってきています。

 

魅力的なベース

※因みに最初の調整につしては10%-35%までが適切で50%-60%調整する銘柄は控えた方がよいとしています。大幅に下げると含み損を抱えた投資家の戻り売りで押し戻されやすいからです。

 

秀次郎
ボラティリティが低下することの意味はなんなのですか?
信太郎
気弱な投資家の売りが腰の入った機関投資家の買に吸収されていることを物語っておる!腰の入った機関投資家の保有比率が高められていってるわけじゃ。弱い投資家の心理的な動きは以下の図の通りぞ!

 

ミネルヴィニが好むエントリーポイントのわかりやすい図

 

このボラティリティの低下は2回-4回観察されることが多いとしています。(5回〜6回のときもあります)

また、毎回のボラティリティの低下は前回の半分になること水準を望ましいとしています。

 

ボラティリティが低くなることに加えてベースの終盤で出来高が少なくなることも条件としています。

秀次郎
なぜ出来高が枯れることが重要なのですか?
信太郎
気弱な投資家の売りが枯れてきておることを意味するからじゃ。株価は需給で動くからの。最早売る投資家が殆どいなくなった状況で、買いが発生すると株価は大幅に上昇していくんじゃ!

 

この売が枯れて最終的にベースの高値抜けをした瞬間を買いポイントとして設定しています。

最早弱い投資家がいなくなり、機関投資家を中心として株価は新たなフェーズを迎えて飛翔していきます。

 

魅力的なエントリーポイント

 

他にも以下のようなパターンがわかりやすいですね。

適切なピボットポントの例

 

ただ、エントリーした後に下落して上抜けポイントより低く引ける場合もあるとしています。

その場合は損切りポイントを前回の押し又は20日移動平均線の水準に設定して様子をみることを推奨しています。

 

スクワットには気をつけろ

 

まとめ

 

信太郎
今回のポイントを纏めると以下ぞ!

 

■:株価には4つのサイクルがある

■:機関投資家が買い集めている第2フェーズでしか株を仕込むべきではない

■:第2フェーズの中で適切なベースを作った後の上抜けで購入すると勝率を高められる

 

以上、【ミネルヴィニの成長株投資法】株価のサイクルを見極めて投資銘柄を絞り込むための基準をわかりやすく解説。機関投資家も参戦する絶好の買い場「第2ステージ」を捉えよ!…でした。

[お金の学校特集]

 

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてました。

 

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

 

知識をしっかり仕入れた上で投資は実践していく必要があります。

 

 

その知識を学ぶにあたり、近年「お金の学校」への注目が高まっています。

 

長年、資産運用を学んできた編集部が、お金を専門としたスクールについての特集コンテンツを作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の学校特集

お金の学校の特集へ

 

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。