「有償増資」と「無償増資」とは?「第三者割当増資」など株価に影響する資本政策について徹底解説。

増資」とは何かを「資本金を増やす「増資」とは?その種類と実施するメリット・デメリットを解説!」にて紹介しました。

株式投資をしている方は、企業が発行している株式を買ったり売ったりしています。

対して、企業は資金調達を目的として株式市場に株式を流通させています。

 

そのような、企業が事業を続けていくなかで必要不可欠な資金調達の手段の1つである「増資」。

その増資の中には「有償増資」と「無償増資」の大きく分けて2つの種類があります。

このコンテンツでは、その2つの増資について、わかりやすく解説していきます。

目次

有償増資と無償増資

まず、本コンテンツにおいて基礎となる「増資」という言葉について再度、見ておきます。

増資とは、企業の資本金を増加させることをいいます。

 

ただし資本金の増加は、新株発行によっておこなわれます。

新しい株式を発行して、株主から出資してもらい資金調達をすること自体を「増資」と呼ぶようになりました。

 

また、冒頭で触れたように、増資には2種類あり「有償増資」と「無償増資」に分かれます。

1つずつ説明していきましょう。

有償増資とは?

まずは有償増資についてです。

有償増資」とは、株主が現金を払い込んだり、現金以外の資産を出資したりするなど。

企業に対して何か「現物」を出資する増資方法のことをいいます。

 

増資と聞いて一般的なのは、現物出資による増資なので覚えておきましょう。

有償増資には以下のような種類があります。

 

株主割当増資

1つめは、株主割当増資です。

株主割当て」と呼ばれることもあります。

 

「株主割当増資」とは、新株発行をするときに、その発行会社を除く現時点での株主に対して、持ち株数に応じて新株を割り当ててもらう権利を与えることです。

 

つまり、新株発行によってさらなる株主を増やそうとしているのではなく、既存の株主から追加で出資を受けて資金調達をするという方法になります。

 

既存株主は増資条件を踏まえて、新株を購入するかどうかを個々に判断します。

条件が不満であれば新株購入を行う必要はありません。

〜「持ち株数に応じて」とは?〜

ここで、新株を割り当ててもらう際に考慮される「持ち株数に応じて」という言葉について疑問を持った方もいるのではないでしょうか?

この意味について例を用いて考えてみましょう。

 

例えばA社が株主割当増資をすることを決め「持ち株数10株に応じて1株を割り当てる」としたとします。

このとき、20株持つ株主には2株、40株持つ株主には4株が株主割当増資によって割り当てられます。

 

割り当てた結果ここで紹介した株主はそれぞれ、22株、44株を保有するというわけです。

このように、株主割当増資は持ち株数に応じて新株が割り当てられる点に特徴があります。

第三者割当増資

有償増資の2つめは、第三者割当増資です。

第三者割当増資」は、現時点での株主の持ち株数に応じて割り当てる訳ではありません。

 

新しい「特定の第三者(取引先・取引金融機関・自社の役員など)を募集して、新株を引き受ける権利を与えることをいいます。

 

第三者割当増資がおこなわれるときは、新株の割り当てを引き受ける第三者が引き受けの申込みをして、その方にのみ新株を割り当てます。

 

つまり、現時点で株主であるかどうかは考慮されないので、現時点での株主は申込まなければ割り当てられることはありません。

申込んだとしても、持ち株数が考慮されるわけではないのです。

 

増資を受けた第三者は相当数の株式を保有することになりますので、企業との関係性も強くなります。

第三者割当増資は色々と議論がありますので、以下のコンテンツでも深掘りしていますので、参考にしてみてください。

第三者割当増資と株価の関係は?希薄化しても必勝パターンの増資形態をデータ検証を用いて紹介する!

2019.10.19

公募増資

3つめは、公募増資です。

公募増資」は現時点での株主や特定の第三者であるかどうかにかかわらず、一般の投資家に対して新たな株主を募集します。

そして、新株を引き受ける権利を与えることをいいます。

信太郎
誰でも申し込みを行うことができるぞよ。サルよ、うぬも申し込み可能じゃ。

秀次郎
まことですか!!

 

上記で紹介した第三者割当増資よりも、新株を割り当てる対象に制限がなくなり、幅広く募集できるようになったというイメージです。

 

目次に戻る

無償増資とは?

次は、無償増資についてです。

「無償増資」とは、利益剰余金や法定準備金などを資本金に組み入れること増資方法のことをいいます。

 

有償増資のように現物による出資ではない代わりに、利益剰余金を資本金にしておくことで利益の社外流出を防止したり、法定準備金により拘束性を持たせたりする効果があります。

 

実際に現金を動かすわけではないので、手間が少ない増資方法でもあります。

家三郎
BSを組み替えるだけ、と言うとあまりにも簡略すぎるかのぉ。

 

さて、無償増資には以下のような種類があります。

 

準備金の資本組入れ

1つめは、準備金の資本組入れです。

準備金の資本組入れ」とは、資本準備金もしくは利益準備金を資本金に組み入れることを言います。

 

「資本準備金」は、株主が企業に出資した額のうち資本金として計上しなかったお金のことです。

資本金の2分の1以下であれば積み立てておくことができます。

 

資本準備金を積み立てておくことで、もし業績が悪化して赤字になったときに取り崩して赤字分を補填することができます。

信太郎
利益が出るという意味ではなく、あくまでキャッシュで事業資金を賄えるということじゃぞ。

 

また、企業が支払わなければならない法人住民税は資本金の額に応じて決定されます。

そういった意味でも資本準備金はあらかじめ資本金とは違う形で積み立てておいた方がいいのです。


また、利益準備金とは、利益剰余金
(企業の利益のうち配当として支払わなかった残り)の一部を積み立てたお金のことをいいます。

剰余金の資本組入れ

2つめは、剰余金の資本組入れです。

剰余金の資本組入れ」とは、その他資本剰余金・その他利益剰余金を資本金に組み入れることを言います。

 

会社法が施行された時点では、利益を資本金に組み入れることは禁止されていたのでその他資本剰余金の組み入れしかできませんでした。

ただし、2009年に会社法が改正されてその他利益剰余金も組み入れできるようになったのです。

 

その他資本剰余金は、資本金及び資本準備金減少差益・自己株式処分差益などからなります。

その他利益剰余金は、任意積立金(別途積立金・配当平均積立金・設備拡張積立金など)・繰越利益剰余金からなります。

 

目次に戻る

まとめ

このコンテンツでは、資金調達方法の一環である「増資」の種類である「有償・無償増資」を紹介してきました。

一概に増資とはいっても、さまざまな種類があることがお分かりいただけたかと思います。

増資には、株価変動など株主にも影響を及ぼすことがあること、頭に入れた上でトレードに向き合うようにしましょう。

 

以上、「有償増資」と「無償増資」とは?「第三者割当増資」など株価に影響する資本政策について徹底解説。…でした。

 

資本金を増やす「増資」とは?その種類と実施するメリット・デメリットを解説!具体的な事例も株価の動きを踏まえて紹介。

2019.10.17



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。