株で儲かる3つの仕組みとは?初心者がこれから株式投資で稼ぐ前に知っておくべきメカニズム。

株で儲かる3つの仕組みとは?初心者がこれから株式投資で稼ぐ前に知っておくべきメカニズム。

株で儲けている人は世の中にたくさんいます。

しかし、どういった仕組みで儲かるのかは株式投資初心者には分かりづらいものです。

 

そこで、今回は株で儲かる仕組みについて紹介します。

 

「株で儲けることができるのは知っているけど仕組みがよくわからない」

「株式投資についてもっと知りたい」

 

このような方はぜひじっくりと読んでいただき参考にしてください。

 

最初に今回のポイントです。

■ 今回のポイント:

 

  • 株で儲ける方法は「売買」(=キャピタルゲイン)「配当」「優待」(=インカムゲイン)の3つ
  • 売買で儲ける場合は安く買って高く売る(高く売って安く買う)
  • 配当金を貰うには権利付き最終日に株を保有していなければならない
  • 配当金は業績予想などから推測が可能
  • 株主優待の内容は企業によって様々
  • 株主優待は家族名義などを利用することで更にお得になる可能性がある

目次

株で儲ける3つの方法

株で儲ける方法は3つあります。

 

 

それぞれどういった仕組みで儲けることができるのか紹介していきます。

売買で儲ける(=キャピタルゲイン)

一番の基本、株を売買をすることで儲ける手法です。

「安く買って高く売る」というビジネスの基本中の基本でもあります。

値上がり益を取ることになりますが、これを「キャピタルゲイン」と呼びます。

 

もともと資産家ではない個人投資家が株で大金を儲けている場合は、そのほとんどが売買での儲けです。

 

株取引は株価×株数で取引を行います。

まず、株価1,000円の株を1,000株購入するには、1,000,000円必要となります。

株価1,200円の株を1,000株購入するには、1,200,000円が必要です。

 

株価は毎日変動しますので、同じ株であっても買うタイミングが異なれば株価も違います。

昨日は、7,000円だったA株が今日は7,200円だったということは珍しくありません。

 

このように、株価の変動により儲けを出すのが売買で儲けるということです。

しつこく繰り返しますが、「安く買って、高く売る」ということになります。

 

例えば、A株を株価1,000円で1,000株購入し、株価1,200円の時に売却すれば200,000円の儲けが出ます。

売却額―購入額=儲け】となります。

つまり、【1,200円×1,000株(売却額)-1,000円×1,000株(購入額)=200,000円】が儲けです。

(実際は取引手数料などの費用が発生します。)

 

また、株の売買は売りから注文することも可能です。

その場合は高く売って安く買えば儲けとなります。

 

買いでも売りでも儲けることができますので、株価の予想さえ当たれば景気が良くても悪くても株の売買で儲けることが可能です。

配当で儲ける(=インカムゲイン)

配当」とは企業が株主に対して支払うお金のことです。

配当は現金で支払われますので、もちろん儲けになります。

いわゆる「インカムゲイン」というものです。

 

株を保有するということは株主になるということです。

配当金を受け取ることは株主の権利の一つとなっています。

 

配当金とは、企業が出した利益を株主に支払う分配金のことです。

1株当たり○円といった形で配当金は支払われます。

 

例えば、1株当たり100円の配当を出す株を100株保有していれば、【100円×100株=10,000円の配当】となります。

 

配当金を受け取るには、株主名簿に記載される必要があります。

名簿に記載されるには、「権利付き最終日」に株を保有している必要があります。

 

権利付き最終日は、権利確定日(通常決算月末日)の2営業日前です。

例えば権利確定日が31日であれば権利付き最終日は29日となります。

(土日祝日を挟んだ場合はその日数分ずれます。)

 

ただし、配当金を出すかどうかや配当金額をいくらにするかといったことは取締役会などで決定されます。

ですので、必ずしも配当が貰えるわけではありません。

 

配当金を出せば企業が保有する資金は当然減少しますので、状況によっては、配当を出さない場合もあります。

その企業が更に成長するために新しい施設や新規事業への投資を行う資金として資金を活用した方が、最終的な利益は大きくなるということもあります。

 

利益が大きくなれば、企業の評価は高まり、評価が高まれば、株価の上昇へと繋がります。

株価が上昇すれば、配当金を貰うことができなくとも利益を得ることが可能です。

 

このように、一概に配当が無いからといって、儲けにとってマイナスになるということではありません。

一般的には、成長段階にある企業は配当が少なく、成熟した大企業ほど配当を積極的に出すという傾向があります。

 

また、配当について業績予想とともに発表している企業も多いです。

決算情報を確認することで、ある程度配当金の予想をすることができます。

 

株価は経済・景気の影響を強く受けますので、企業の業績が良くとも投資家が資金を引き上げれば株価は下がってしまいます。

一方、配当は企業の利益がその源泉となります。

外部要因により株価が下がっても業績が順調であれば配当金に影響はありません。

 

売買による儲けより、配当による儲けは予想のしやすい安定した儲けということができます。

ただし、配当金も企業の利益から出る以上、急な業績悪化などが起これば、配当予想が変更される可能性もあります。

この点は注意が必要です。

 

【株の配当金生活に必須の全知識】失敗しないおすすめ高配当・優良銘柄(日本・米国)も一挙に紹介!

2019.07.04

株主優待を受ける(=インカムゲイン)

株主優待」とは企業が株に対して行う優待制度です。

実際にキャッシュとして入金できる訳ではないですが、株を保有し権利を持っていれば享受できるものとして「インカムゲイン」の一つと考えます。

 

具体的な株主優待には、ギフトカードなどの金券や自社製品の詰め合わせ、自社施設の割引券や、外食店や小売店の割引券などがあります。

 

例えば、マクドナルドは店舗で使えるハンバーガーなどの無料引換券が貰えます。

ヤマダ電機は店舗で使用可能で割引券が貰えます。

 

株主であれば無料でもらうことができますので、お得な制度です。

どんな株主優待が貰えるかは企業のHPなどで確認できます。

 

また、株主優待については当サイト「マネリテ!」でも特集していますので参考にしてみてください。

 

【株主優待の全てを解説】株式投資初心者から始める優待生活!利回りの高いおすすめ・人気株式銘柄を一覧で紹介。

2019.07.08

 

企業によって大変お得な株主優待を実施していますので、一度は確認してみましょう。

また、株主優待は株主名義毎にもらえますので、家族名義で株を購入すれば家族の分も株主優待を手に入れることができます。

 

株主優待は株式の最低取引単位である1単元(100株)で手に入れることができます。

例えば4人家族で100株ずつ4人の名義で購入すれば株主優待も4つ分もらえるのです。

 

100株ずつ複数名義で購入するパターンが得になることが多いです。

しかし、企業によっては100株より200株保有する方がお得になる株主優待を実施していることもあります。

しっかりと株主優待内容を確認しましょう。

 

また、株主優待制度を利用して取引で儲けることも可能です。

株主優待を入手するには、配当金と同様権利付き最終日に株を保有している必要があります。

人気の株主優待を実施している銘柄は、権利付き最終日付近になると、株主優待を目的とした買い注文が入ることが多いです。

 

買い注文が多くなれば当然株価は上昇します。

こういった傾向を利用して、権利付き最終日付近の株価が上昇する前に株を購入し、株主優待目的の買いで株価が上昇した際に株を売却することで儲けを得ることができます。

 

儲けの仕組みとしては、売買で儲けるということになりますが、株主優待を利用した取引です。

この手法は配当目的の買い注文が多く入る場合も可能ですので、配当や株主優待と売買による儲けを組み合わせることも重要になります。

 

 

目次に戻る

まとめ

今回は、株で儲かる仕組みについて、「売買で儲ける」「配当で儲ける」「株主優待を受ける」という3点についてそれぞれ紹介しました。

 

最後に総括です。

■ 総括:

 

  • 株で儲ける方法は「売買」(=キャピタルゲイン)「配当」「優待」(=インカムゲイン)の3つ
  • 売買で儲ける場合は安く買って高く売る(高く売って安く買う)
  • 配当金を貰うには権利付き最終日に株を保有していなければならない
  • 配当金は業績予想などから推測が可能
  • 株主優待の内容は企業によって様々
  • 株主優待は家族名義などを利用することで更にお得になる可能性がある

 

それぞれをしっかりと理解し組み合わせて利用することで儲けるチャンスを増やすことができます。

ぜひこのコンテンツを参考に実践してみてください。

 

以上、株で儲かる3つの仕組みとは?初心者がこれから株式投資で稼ぐ前に知っておくべきメカニズム。…でした。

 




[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。