【4495】モバイルデバイス管理サービスを展開するアイキューブドシステムズの初値を予想!

※3月19日時点で上場中止となっています。

アイキューブドシステムズは4月7日に上場予定のIPO銘柄です。

アイキューブドシステムズは 法人向けにモバイルデバイスの管理サービスを提供しています。

 

この記事では【4495】アイキューブドシステムズのIPO情報を紹介します。

スケジュールや初値予想などのIPO情報や事業内容、業績などを紹介しますのでぜひ参考にしてください。

 

アイキューブドシステムズのIPOスケジュール

アイキューブドシステムズのIPOスケジュールは以下の通りです。

ブックビルディング期間3月23日(月)~3月26日(木)
市場マザーズ
公募価格決定日3月27日(金)
購入申し込み期間3月30日(月)~4月2日(木)
上場予定日4月7日(火)
当選株式数897,900株(内訳 公募100,000株 売出797,900株)
オーバーアロットメントによる売出117,100株
想定価格2,990円
仮条件価格未定
公募価格3月27日(金)発表

主幹事は野村証券!SBI証券でも取引可能

証券会社株式数割当率
野村証券(主幹事)
大和証券
三菱UFJモルガンスタンレー証券
SBI証券
マネックス証券
西日本シティTT証券
岡三証券
岩井コスモ証券

※各証券会社の割当株式数は現時点で未定。

主幹事は野村証券です。

主幹事は割当株式数が圧倒的に多いので、IPO当選確率を高めるなら主幹事証券からの申込みは必須になります。

 

アイキューブドシステムズの会社概要

会社名アイキューブドシステムズ
コード番号4495(マザーズ)
設立1982 年 8 月 7 日
資本金100,000 千円
本社住所福岡市中央区天神四丁目 1 番 37 号
代表代表取締役社長兼 CEO 佐々木 勉
事業内容法人向けモバイルデバイス管理サービスの提供
従業員数61名

 

アイキューブドシステムズの事業内容

アイキューブドシステムズは法人向けモバイルデバイス管理サービスの提供をしている会社です。

 

主な事業内容は以下の2つに分類されます。

・CLOMOサービス

・SECURED APPsサービス

 

具体的な事業内容を確認していきましょう。

 

CLOMOサービス

CLOMOサービスは高度な管理機能を幅広くモバイル端末等に提供するサービスです。

具体的には、企業・学校法人などで使用する多数のタブレットなどを一元管理して運用するサービスを提供しています。

例えば、各端末の利用状況がリアルタイムに把握できる機能や情報漏洩対策機能などです。

 

 

SECURED APPsサービス

SECURED APPsサービスは企業向けのモバイルアプリケーションを提供しています。

セキュリティとアプリケーションの使い勝手を両立させている点が特徴です。

働き方改革の課題となっているリモートワークへの活用が期待されるサービスとなっています。

ブラウザ・メール・スケジュール・アドレス帳・ファイル共有の5つのアプリケーションが提供可能なサービスです。

 

 

IPOにより得る手取金の使途は設備資金、運転資金に充てる予定

アイキューブドシステムズがIPOにより得る資金は手取り概算で266,580千円です。

第三者割当増資で得られる手取り概算額は322,118千円となっています。

これらの資金については設備資金や運転資金に充当する予定です。

具体的な資金の使途は以下の通りとなっています。

 

・ソフトウェア開発費(277,131千円)

・開発拠点の新設費(20,000千円)

・業務効率の改善費(152,197千円)

・教育訓練費(47,109千円)

・広告宣伝費(80,260千円)

・支払家賃(12,000千円)

 

アイキューブドシステムズの業績

ここではアイキューブドシステムズの業績を有価証券報告書で確認していきます。

まずは売上高の推移です。

売上高は右肩上がりに成長

売上高(千円)
2015年6月625,017
2016年6月765,210
2017年6月976,500
2018年6月1,160,320
2019年6月1,399,288

 

売上高は右肩上がりに成長しています。

2015年6月期に比べて2019年6月期の売上高は2倍以上です。

つづいて、アイキューブドシステムズの経常利益を確認していきましょう。

 

経常利益は2017年6月期に黒字転換後、増益を続ける

経常利益(千円)
2015年6月△226,557
2016年6月△80,527
2017年6月76,920
2018年6月116,055
2019年6月247,415

 

経常利益は、2015年6月期・2016年6月期は赤字を計上しています。

2017年6月期に黒字転換し、その後は増益基調です。

売上高の上昇とともに成長していることがわかります。

 

アイキューブドシステムズのロックアップ情報

アイキューブドシステムズの上位株主の保有比率、ロックアップ情報は以下の通りです。

株主保有比率ロックアップ期間
佐々木勉52.27%90日間
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合16.72%90日間
畑中洋亮9.87%90日間
TNP中小企業・ベンチャー企業成長応援投資事業有限責任組合3.86%90日間
NCB九州活性化投資事業有限責任組合3.86%90日間
蓑宮武夫2.21%90日間
平強1.93%90日間
(株)ジャフコ1.29%90日間
大野尚1.16%90日間
ビッグ・フィールド・マネージメント(株)1.16%90日間

 

アイキューブドシステムズは第1位株主~第10位株主全てに90日間のロックアップが設定されています。

ロックアップ期間中は、保有する株を売却することはできません。

 

ロックアップは上場と同時に大株主が株を売却し、株価が暴落しないように取られている対策です。

IPO銘柄は特に需給によって株価が大きく変動しますので、ロックアップ情報は必ず確認しましょう。

 

アイキューブドシステムズの初値予想

アイキューブドシステムズは売上高、経常利益ともに順調に成長しています。

業務もリモートワークやクラウドなどテーマ性が高く注目を集めるIPOとなりそうです。

 

前期のEPSは36.64円です。

今期のEPSは第2四半期時点で39.26円となっています。

第3四半期以降も第2四半期までと同様の利益になると想定すると今期のEPSは78.52円です。

 

IPOにより100,000株の公募があり、発行済総株式数の増加を加味すると今期の予想EPSは76.98円となります。

EPS76.98円という数字と同業者のPERから初値を予想してみます。

 

アイキューブドシステムズと同様のテレワーク関連企業と比較してみます。

比較するのは以下の3社です。

【3565】アセンテック

【3681】ブイキューブ

【3694】オプティム

 

企業名PER
【3565】アセンテック44.37
【3681】ブイキューブ68.74
【3694】オプティム240
PER平均117.7倍

 

EPS 76.98円×PER117.7倍=9,060円 となります。

 

まとめ

アイキューブドシステムズはモバイルデバイスの管理サービスなどを行う企業です。

テレワーク関連、クラウド関連企業として人気を集めることが予想されます。

 

コロナウイルスの影響で市場は混乱していますが、注目のIPOとなりそうな銘柄です。

 

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

【随時更新】2020年新規公開株一覧!!東京オリンピックの年に魅力的なIPO銘柄はどれだ?

2020年2月2日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。