【豊かな老後のお金と暮らし特集】定年退職後の生活費(資金)が不安でたまらない?貯金がいくらあればいいのかを徹底解説!

【豊かな老後のお金と暮らし特集】定年退職後の生活費(資金)が不安でたまらない?貯金がいくらあればいいのかを徹底解説!

2019年5月に、金融庁による老後2000万円報告書が発表されました。

その結果、国民の老後に対する不安がますます大きくなってしまったように感じます。

 

現役世代の「お金の不安」はいうならば「老後資金」の不安です。

 

実際に、金融庁が発表している現在の世代別の資金の偏りをみてみましょう。

日本の家計資産の分布

 

20代から40代の世代では殆ど貯蓄がないことが見て取れます。

これでは不安なのも当たり前です。

 

このコンテンツでは、結局のところ老後資産は夫婦ではいくら必要なのか?

老後に向けてどのような心構えを持つべきなのかを解説します。

目次

万全の体制で老後を迎えるための心構え

「豊かな老後の生活を送りたい」

せっかく働いてきたからこそ、老後の生活を楽しいものにしたいという気持ちは誰しもが持っているものだと思います。

 

しかし、2019年5月に発表された老後2000万円報告書によって老後資金に不安を抱いているでしょう。

このコンテンツでは、豊かな老後を送るために必要な考え方と方法についてお伝えしています。

 

豊かな老後の生活費を送るために!十分な資金がない人は『お金』に働いて貰い資本収益を得よう。

豊かな老後の生活費を送るために!十分な資金がない人は「お金」に働いて貰い資本収益を得る仕組みを作ろう。

2019年8月10日

 

40代から人生逆転は可能!?どん底の壮年期から人生を変えるために必要なたった一つの確実な方法とは?

2020年7月7日

 

人生を変える習慣とは?ほんの少し生き方を変えて希望のある老後に備えよう!

2020年7月8日

目次に戻る

独身の場合、老後資金はいくら必要なのか

老後2000万円問題」は夫婦を前提にしています。

 

独身であれば単純に半分の1000万円で足りるのではないか?

それとも全然足りないのか?

 

コンテンツ内では、独身の場合老後資金はいくら必要なのかを各種データを用いて検証しています。

 

【実態検証】独身の老後の資金は平均で1000万円?月額生活費は15万円で十分なのかを含めて検証する

【実態検証】独身の老後の資金は平均で1000万円?月額生活費は15万円で十分なのかを含めて検証する

2019年8月11日

 

目次に戻る

〜コラム〜日本でも個人に浸透してきている投資

近年は政府の後押しもあり日本の個人においても株式投資を行なっている人が着実に増加しています。

以下は東京証券取引所が発表している個人投資家の数の推移です。

 

日本の個人株主の数の増加

参照:2017年度株式分布状況調査の調査結果について

 

あくまで述べ人数なので、5000万人以上が株式投資を行なっているデータではありません。

ただ、『NISA』や『つみたてNISA』『iDeCo』が浸透してきていることもあり着実に投資家数は増えてきているのです。

 

正しい投資をしているかどうかで老後の資産に大きな差がでてきます。

是非、当サイト「マネリテ」で正しい知識を学んで老後に対する備えをしていきましょう。

 

目次に戻る

夫婦で老後資金はいくら必要なのか

老後の夫婦世帯の必要な資金。

サラリーマンと専業主婦世帯で持ち家の場合は1500万円程度でも十分。

 

しかし、国民年金世帯で都内で賃貸をする場合は最大で9000万円程度が必要であるという結果となりました。

コンテンツ内では、その計算根拠を詳細に解説していますので参考にしてみてください。

 

老後資金は夫婦でいくら必要かを具体的に計算!5000万円〜1億円が必要なケースも?

老後資金は夫婦でいくら必要かを具体的に計算!5000万円〜1億円が必要なケースも?

2019年8月9日

 

目次に戻る

〜コラム〜日本人は老後を心配しすぎなのか?

『お金の心配』で最も大きなポーションを占めるのは老後の不安ではないでしょうか?

実際に以下は内閣府が各国の高齢者に調査した『国際比較調査に見る日本の高齢者の意識』の結果です。

 

日本の高齢者の老後資産の割合

(引用:内閣府「国際比較調査に見る日本の高齢者の意識」)

 

日本の現在高齢者といわれる60歳以上の男女の57%が老後資金が足りないと思っているという結果が出ています。

秀次郎
半数以上が不安に思っているなんて深刻ですな。

 

上記のデータと同様の調査で、日本の60歳以上の高齢者に「日々の暮らしで経済的に困ることがあるか」を調査した結果が以下となります。

日本で老後生活で経済的に困る人の割合

(引用:内閣府)

 

老後資金に対して不安を抱いてると答えた人の比率に対して、実際に困っていると答えた人は22.6%に留まっています。

ドイツと同一水準でアメリカよりも低い割合になっています。

 

秀次郎
ということは結局日本人が心配性であるというだけなんですか?
信太郎
うむ。あくまで『現在』の高齢者に関してはということじゃな。

 

コンテンツ内では、日本人は老後を心配しすぎなのか、もっと心配すべき状況なのか?

その点を深掘りしています。

 

老後を心配しすぎ!?現役世代の老後の資金の貯め方をわかりやすく解説。

老後を心配しすぎ!?現役世代の老後の資金の貯め方をわかりやすく解説。

2019年8月12日

 

目次に戻る

まとめ

信太郎
今回は老後についてのコンテンツをまとめてきたぞよ。資産運用は真剣に考えておれば老後への不安は緩和されるものじゃ。しかし、それには勉強が必要じゃ。
秀次郎
時間のないサラリーマンの人などはお金の学校などで学ぶと捗るぞよ。

 

【お金の専門学校・マネースクール特集】老後の不安を解消する効果的な資産運用の勉強・学習方法とは?選択肢の一つである投資スクール入学のメリット・デメリットを解説!

【お金の専門学校・マネースクール特集】老後の不安を解消する効果的な資産運用の勉強・学習方法とは?選択肢の一つである投資スクール入学のメリット・デメリットを解説!

2019年6月28日

 

以上、【豊かな老後のお金と暮らし特集】定年退職後の生活費(資金)が不安でたまらない?貯金がいくらあればいいのかを徹底解説!…でした。

 

[お金の学校特集]

 

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてました。

 

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

 

知識をしっかり仕入れた上で投資は実践していく必要があります。

 

 

その知識を学ぶにあたり、近年「お金の学校」への注目が高まっています。

 

長年、資産運用を学んできた編集部が、お金を専門としたスクールについての特集コンテンツを作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の学校特集

お金の学校の特集へ

 

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。