企業の株主還元に対する姿勢!「総還元性向」とは?計算式から活用するポイントまでわかりやすく解説!

企業の株主還元に対する姿勢!「総還元性向」とは?計算式から活用するポイントまでわかりやすく解説!

 

総還元性向」という言葉を知っていますか?

株式会社を所有しているのは「株主」です。

 

信太郎
株主に対して企業が、どれだけ利益を還元しているかは投資する上で重要な要素となるぞ!

 

株主に対して積極的に利益を還元している企業は、投資家からも評価されることが多く人気があります。

 

投資家としては、「株主を軽視」している企業。

「株主を重視」している企業のどちらになりたいですか?

当然、後者の株主になりたいですよね。

 

総還元性向について知ることで、企業の株主還元に対する姿勢を分析することが可能です。

 

今回は企業分析に役立つ「総還元性向」について紹介します。

ぜひ最後まで読んでいただき投資する上での参考にしてください。

 

◼️今回のポイント!

 

  • 総還元性向は純利益に対して株主還元をどれくらい行ったかを示す指標
  • 株主還元には配当と自社株買いの2つがある
  • 配当金は現金が受け取れるメリットがあるが税金が発生する
  • 自社株買いは1株利益などを高めるが、必ずしも株価が上昇するとは限らない
  • 総還元性向が高いほど株主還元に対して積極的であることを表す
  • 総還元性向が高いことが投資家にとって良いとは限らず、企業の成長性を踏まえて投資判断することが大切

目次

総還元性向とは?

総還元性向」とは企業が得た利益をどれだけ株主に還元しているかを示す指標です。

 

総還元性向とは?

 

総還元性向は世界の投資家も重視している指標です。

 

以下の通り米国では年々増加しているにも関わらず、日本の総還元性向は足踏みしています。

 

日米の総還元性向の比較

参照:生命保険協会

 

総還元性向の計算式

総還元性向は株主還元額÷純利益×100という計算式で求め%表示で表します。

 

例えば、純利益が100億円、株主還元額が70億円の企業の総還元性向は【70億円÷100億円×100=70%】となります。

 

総還元性向の計算式

 

秀次郎
ところで株主還元とは何のことを指すんですか?
信太郎
配当だけと思われがちじゃが自社株買いも含まれるぞ!

 

つまり総還元性向の計算式は以下の通りとなります。

 

◾️総還元性向の計算式:

総還元性向(%) = (配当金支払総額+自己株買いによる拠出額) / 当期純利益 × 100

 

代表的な株主還元策である「配当」

 

配当金」は企業が株主に対して支払う分配金です。

配当金は通常、本決算後や中間決算後に支払われます。

 

国内企業では年1回または年2回配当金が支払われることが一般的です。

米国企業の場合は四半期ごとに配当金が支払われることが多いです。

 

信太郎
配当金は株主に直接現金が支払われますので株主還元としては最もメジャーとなっておるの!

 

そのため、企業の純利益に対してどの程度の配当金を出したのかを示す「配当性向」という指標は広く投資家に利用されています。

 

「配当性向」と「配当利回り」とは?計算方法と目安となる平均値から活用方法まで徹底解説!

「配当性向」と「配当利回り」とは?計算方法と目安となる平均値から活用方法まで徹底解説!

2019年10月20日

 

配当金は現金という形の株主還元です。

 

近年注目の高まる「自社株買い」

企業が自社株を自ら買うことを「自社株買い」といいます。

自社株買いを企業が行ったからといって、配当金のように株主が直接現金を受け取ることはありません。

 

しかし、自社株買いを行うことで株式の価値が上がりますので、株主に対して利益を還元することができます。

 

株主還元策として注目される自社株買い実施の理由とは?株主に対するメリットと共にわかりやすく解説する。

株主還元策として注目される「自社株買い」実施の理由とは?株主に対するメリットと共にわかりやすく解説する。

2019年2月13日

 

自社株買いにより1株当たりの価値が上がるロジック

上場企業は多数の株式を発行しています。

株価は1株当たりの価格ですので、1株当たりの株式価値が上がれば株価も上がります。

 

1株当たりの利益を示す指標がEPSです。

1株当たりの純資産を示すBPSという指標もあります。

 

EPSは純利益÷株式数、BPSは純資産÷株式数という計算式で計算します。

そのため、株式数が減少すればEPS、BPSは上昇します。

 

自社株買いにより1株当たりの価値が上がるロジック

 

EPS(Earnings Per Share)とは?株価とPERとの関係を含めてわかりやすく解説。

EPS(Earnings Per Share)とは?株価とPERとの関係を含めてわかりやすく解説。

2019年2月16日

 

株価」は「EPS×PER」で算出されます。

自社株買いにより株式数が減少しEPSが上昇すると自ずと株価も上昇するということになります。

 

信太郎
日本でも自社株買いの総額は増加傾向にあるぞ!

 

自社株買いの推移

参照:時事通信

 

 

配当金の半分程度の金額の自社株買いが実施されています。

近年急速に実施総額が拡大しているといえるでしょう。

 

近年の自社株買いの実施総額を配当金と比較

 

 

目次に戻る

配当のメリットとデメリット

代表的な株主還元の配当のメリットとデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

 

配当金のメリットは現金を受け取れること

配当のメリットは何といっても現金を受け取ることができるという点です。

自社株買いを行うと理論上は株式価値が上昇するので株価も上昇するはずです。

 

株式市場はその時々の経済状況や「投資家心理」に強く影響されます。

そのため、必ずしも自社株買いを行ったからといって、株価が上昇するとは限りません。

 

一方で、配当金は株価とは関係なく現金を受け取ることができます。

株を保有することで得られることから「インカムゲイン」と呼ばれます。

 

株の売却益「キャピタルゲイン」に比べ予測しやすく安定していることが特徴です。

 

【株式投資の手法特集】初心者におすすめは「インカムゲイン」投資!「キャピタルゲイン」との違いを理解しよう。

【株式投資の手法特集】初心者におすすめは「インカムゲイン」投資!「キャピタルゲイン」との違いを理解しよう。

2019年6月4日

 

次にデメリットについて見ていきましょう。

 

デメリットは税金が発生することと成長投資が緩慢となること

配当金には税金が発生するというデメリットもあります。

そのため、配当金を再度投資する場合には配当が無かった場合に比べて税金分投資資金が減少します。

 

配当金によって20.315%の税金が発生してしまいますので、配当金全額を受け取ることができません。

 

また、企業が配当金を支払うことで当然企業の手持ち資金は減少します。

十分な成長投資ができなくなる可能性もある点はデメリットです。

 

信太郎
成長企業は配当金を出さずに成長投資を行なった方が合理的といえるの!

 

 

目次に戻る

自社株買いのメリットとデメリット

次に自社株買いのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

 

自社株買のメリットは効率的な株式価値の上昇

自社株買いは、配当のように現金を受け取ることができません。

ですが、自社株買いにより株式価値は確実に上昇します。

 

秀次郎
たとえ株価が上昇せずとも確実に皆が保有している株式の価値はあがっておるぞ!
信太郎
近年では自社株買いの発表はポジティブニュースとして素直に株価が上昇するケースが多くなっておるぞ!

 

また、配当金のように税金が発生することもありません。

さらに、自社株買いは株価を下支えするという効果もあります。

 

自社株買いにより株の買い手が増えるわけですから株価にとってはプラスの要因です。

 

デメリットは確実に株価が上昇するとは限らないこと

ただ、自社株買いは1株当たり利益などを上昇させ、株価にとってもプラスとなります。

しかし、確実に株価が上昇するとは限りません。

 

また配当金と同様に自社株を購入するのに資金を使ってしまうため成長投資に回す金額が少なくなってしまいます。

 

 

目次に戻る

総還元性向を分析するポイント

総還元性向が高いほど、株主に対して積極的に利益を還元しているということになります。

ただし、総還元性向が同じでも配当と自社株買いの割合が違えば意味は変わってきます。

 

また総還元性向は高ければ高いほどいいというわけではありません。

ここでは、総還元性向を分析する際のポイントを紹介します。

 

株主還元の中身も確認しよう

総還元性向は、前述のとおり配当と自社株買いの合計を株主還元額としています。

配当と自社株買いにはそれぞれ異なる特徴があります。

 

総還元性向を確認する際には合わせて配当と自社株買いをどれだけ行っているかについても、確認するようにしてください。

 

例えば、毎年現金を受け取りたいのであれば配当金を重視している企業に投資しましょう。

また、長期的な株価上昇によるキャピタルゲインを狙うのであれば話は異なります。

 

自社株買いを積極的に行っている企業に投資するという具合に、自分の投資スタイルに合う企業を選びましょう。

 

総還元性向は企業の成熟度によっても異なる

総還元性向は高いほど株主還元に積極的であることを示します。

株主還元をたくさん行うことが最終的な株主に利益に結び付くとは限りません。

 

株主還元には資金が必要ですので、株主還元をすればするほど企業の資金は減少するからです。

 

信太郎
新しい企業や新しい事業を行っている企業の場合、シェア獲得や事業拡大のために積極的に先行投資を行う必要があるぞ!

 

こういったケースで事業拡大のための先行投資より株主還元を優先すると、企業の成長が止まります。

将来得られたはずの利益を失うことになってしまいます。

 

企業が成長すれば企業価値が高まり株価も上昇します。

成長性が高い企業の場合は株主還元を行うより事業拡大を優先した方が株主にとってもメリットとなることが多いです。

 

一方で高い成長が望めない成熟企業の場合は豊富な資金を貯め込むよりは自社株買いや配当により株主還元を行った方が株主にとってメリットとなります。

このように、総還元性向を見る際は企業の成長性を加味して判断する必要があります。

 

 

目次に戻る

まとめ

今回は、株主還元をどの程度行っているのかを表す指標である総還元性向について紹介しました。

最後に総還元性向についての重要点をまとめると以下となります。

 

◼️今回の総括:

 

  • 総還元性向は純利益に対して株主還元をどれくらい行ったかを示す指標
  • 株主還元には配当と自社株買いの2つがある
  • 配当金は現金が受け取れるメリットがあるが税金が発生する
  • 自社株買いは1株利益などを高めるが、必ずしも株価が上昇するとは限らない
  • 総還元性向が高いほど株主還元に対して積極的であることを表す
  • 総還元性向が高いことが投資家にとって良いとは限らず、企業の成長性を踏まえて投資判断することが大切

 

総還元性向は株主還元の度合いを表す指標であり、欧米に比べて国内企業は低い傾向があります。

ただ、近年国内企業も株主還元政策を重視し始めています。

 

今後、総還元性向は上昇していくと考えられます。

投資判断の材料として総還元性向を必ず確認するようにしましょう。

 

以上、企業の株主還元に対する姿勢!「総還元性向」とは?計算式から活用するポイントまでわかりやすく解説!…でした。

 

【株の配当金生活に必須の全知識】失敗しないおすすめ高配当・優良銘柄(日本・米国)も一挙に紹介!

【株の配当金生活に必須の全知識】失敗しないおすすめ高配当・優良銘柄(日本・米国)も一挙に紹介!

2019年7月4日

[おすすめ資産運用セミナー特集]

 

株式投資を含め、資産運用を「専門家や投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに「投資初心者〜中級者」の方に向けて提供されているセミナーが数多く、存在しています。

 

ここでは、株式投資スクールを中心に初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

資産運用・株式投資セミナーおすすめランキング

 

 

 

 



 

おすすめ証券会社ランキング


 

[おすすめネット証券ランキング]

2020年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。