投資信託の「分配金」とは?概要とその計算方法と税金、分配はいつなのかをわかりやすく解説します。

投資信託の「分配金」とは?概要とその計算方法と税金、分配はいつなのかをわかりやすく解説します。

会社員の方が資産運用を考える際に選択肢として入ってくるのは「投資信託」ですよね。

投資信託は、その仕組みを簡単に説明してしまうと、運用会社に自分の資産を預けて運用してもらう「運用委託」となります。

投資信託を購入した人が、利益が出た際にお金をもらうタイミングは解約・売却をした時が基本です(キャピタルゲインの発生)。

しかし、解約・売却をした時以外にも「分配金」を受け取ることで利益を享受することがあり、むしろこの分配金をあてにして投資信託を購入する個人投資家も多くいます。

今回はその分配金について、その概要・計算方法、タイミングなどを一括して解説していきたいと思います。

投資信託の「分配金」とは?

投資信託といえば、運用対象となるものとして、株式、債券、ファンズ・オブ・ファンズなど投資信託が投資信託を購入するなど、様々な運用方法があります。

ファンズ・オブ・ファンズで代表的なものに「セゾン資産形成の達人ファンド」がありますね。

ファンドはこれらの運用した商品から、まず配当や利子などを受け取り、そこから個人投資家に配分します。

これは不動産投資や株式投資の配当などでも特に使われる言葉でもありますが、いわゆる「インカムゲイン」となります。

インカムゲインに加えて、運用を重ねた結果から出た「繰越利益」から、決算期にどのくらい投資家に分配するのか基準価額の範囲内で検討されます(オーソドックスな分配金の例)。

配当

投資信託によっては分配金を支払う方針は異なりますので、目論見書にしっかり目を通すようにしましょう。

目論見書

注意点としては、分配金は銀行の預金金利のように支払いが約束されたものではありません。

 

あくまでも運用次第となり、運用成績がよければ、分配金は払われます。

しかし、基準価額が例えば10,000円からすでに元本割れしているなどの場合、分配金を得るのは困難となります。

これは不動産を例にしても、借入に対する返済額も払えないほど賃貸収入が少なければ賃貸収入は当然入らない状況と同様ですよね。

分配金の計算方法

投資信託の分配金はどれくらい貰えるのか、投資信託を購入することを検討しているのであれば事前に把握しておきたいところです。

分配金とは「単位口数」あたりの金額で表示されるのが通常です。

分配金の計算方法

例えば今期は1万口当たり100円の分配、1口当たり100円分配、といったものです。

具体的な計算例は以下の通りです。

■ 分配金計算例:

  • 50万口保有しているファンド
  • 1万口あたり100円の分配金

◾️単位口数あたりの分配金額×(保有口数 ÷ 単位口数 )=受取分配金額(税前) 

◾️100円×(50万口 ÷ 1万口=5,000円

上記は「税前」の金額となりますので、そこは注意しましょう。

分配金にかかる税金

投資信託の分配金にかかる税金は、株式投資と同様で一律の20.315%です(所得税:15.315%、住民税:5%)。

分配金にかかる税金

あくまで、配当金全額にかかるわけではなく、「投資元本」を上回る金額に20.315%が掛かることを認識しておきましょう。

 

例えば、100万円投じて、50万円の損が出て、70万円の利益が出た際に20万円を分配する、となった場合でも、

100万円から見ればまだ元本を毀損している状況なので課税はされないということです。

分配金を貰えるのはいつなのか?分配金なし再投資コースもあり

基本的に、投資信託の分配金は「決算日から5営業日以降」に受け取り可能となります。

受け取り方法としては販売会社の支店を通じて受け取ることになりますが、「分配金再投資」に回すコースもあります。

分配金再投資

その分配金を同様の投資信託を購入していくことも検討可能です(投資元本を育てることを目的とする)。

分配金なしの投資信託がある?

投資信託の分配金についての解説をここまでしてきましたが、分配金をそもそも出さない投資信託も存在します。

「分配金を投資家に配る」という行為は、実際には「投資元本を減らしている」ことに他ならず、つみたてNISA、iDeCoなどの商品は分配金がありません。

NISA

 

分配金を出さないということは、投資元本増やしていくことを目指し、投資元本が大きければ大きいほど複利の効果は大きくなり、投資効率は高まっていきます。

 

分配金を出している投資信託はどうしても元本を都度減らすことになるため、大きく資産を築くことは実質不可能、もしくは長い長い年月を掛けることになるのです。

 

また、運用益が出ていないにも関わらず、分配を実施する投資信託もあり、そちらも大きな資産を築くことは難しくなっています。

分配金のリスクに関しては「毎月分配型投資信託のリスクを徹底解説!元本から拠出される特別配当金には気をつけよう。」で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

〜COLUMN〜分配「利回り」ランキング

投資信託を購入して、できるだけ利回りの高いインカムゲインを得たいという方は、可能な限り分配利回りの高い投資信託を選びたいところですよね。

そのような方は、分配金利回りランキングでどのような銘柄があるのかを確認するようにしましょう。

以下はマネックス証券が出している分配金の「利回り」ランキングです。

年間分配金利回り 上位50銘柄<対象期間> (2018年02月01日〜2019年01月31日)

※1:2018年02月01日時点
※2:2019年01月31日時点
(引用:マネックス証券「分配金利回りランキング」)

(引用:マネックス証券「分配金利回りランキング」)

 

Jリートファンドが9.88%と高い分配利回りを誇っており、2位以降もリート銘柄が独占状態となっています。

投資信託を購入してインカムゲインを手っ取り早く享受したいという方はリート関連銘柄に試しに投資するのも検討の余地ありと言えるでしょう。

まとめ

投資信託の分配金について解説してきました。

投資信託を購入するにあたり、インカムゲインを狙うにも、キャピタルゲインを狙うにも、まずは目論見書を必ず読むようにし、その上で投資を実行していきましょう。

以上、投資信託の「分配金」とは?概要とその計算方法、分配のタイミングをわかりやすく解説します。…の話題でした。

 

【投資信託の基礎知識まとめ】これを読めばOK!投信の始め方・ネット証券活用法・購入のリスク、そして基礎用語。

2019.05.24



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。