楽天証券のポイント投資のメリットとデメリットを他サービスと比較しながら徹底解説!

楽天証券のポイント投資のメリットとデメリットを他サービスと比較しながら徹底解説!

楽天証券のポイント投資は楽天から付与されるポイントを使い、現金を使うことなく投資できると話題のサービスです。

 

楽天証券の「投資信託ポイント投資サービス」とは?始め方とそのメリットをわかりやすく解説!お金を使わずにポイントで投信を購入できる初心者にも優しい制度。

2018.12.18

 

楽天証券のポイント投資は基本的にメリットが盛りだくさんなサービスです。

本日は他のポイント投資サービスであるSBI証券のTポイント投資とDoCoMoのdポイント投資サービスと比較しながらお伝えしていきたいと思います。

 

各ポイント投資の概要をおさらい(楽天証券、SBI証券、dポイント投資)

ではまず各ポイント投資の概要について振り返っていきたいと思います。

以下は楽天証券ポイント投資、Tポイントトウシ、dポイント投資の簡単なまとめ表です。

Tポイント楽天ポイント
(買い付けサービス)
dポイント
証券会社SBIモバイル証券楽天証券
購入可能商品個別株(1株から)投資信託(運用コース選択可能)
現金化できるできるできない
配当金・分配金ありあり
デバイススマホPC・スマホPC・スマホ

 

楽天証券のポイント投資

楽天証券は名前からわかる通り楽天が提供しているサービスです。

楽天はサービスを利用することで貯めることが出来、更に別サービスでも使用できる楽天ポイントを発行しています。

楽天ポイントを現金と同様に使用できるサービスの連携を楽天経済圏と呼んでいます。

 

楽天経済圏(エコシステム)とは?ポイント活用のメリットと証券・銀行口座連携による効果的なポイントの貯め方を解説!

2019.03.14

 

楽天証券も楽天経済圏の一環として楽天ポイントで投資信託を100ポイントから購入することが出来ます。

 

信太郎
ポイントだけでも投資ができるが、投資信託の代金の一部にポイントを充当することができるぞ!

 

更に楽天証券では様々な取引でポイントを貯めることも可能です。

特に『つみたてNISA』をつかえば、月間約3万円分の積立に対して3%にあたる900ポイントを貯めることもできますので必見です。

 

【圧巻の裏技】楽天証券の『つみたてNISA』の取引開始迄のスピードとポイント還元率が驚異的でおすすめ!

2019.03.20

 

SBI証券のTポイント投資

SBI証券も楽天証券に負けじとTポイントを使って投資できるTポイント投資をスタートしました。

 

【SBI証券と提携・Tポイント投資とは?】ポイント徹底活用!無料・ノーリスク運用で株式投資を始めよう。

2019.05.05

 

TポイントはTSUTAYAを筆頭に吉野家やYahoo!ショッピングやSBI証券の『ポイントマイレージ』で貯めることが出来ます。

 

信太郎
投資信託保有で得られるSBIポイントをTポイントに変換することができるぞ!還元率は楽天よりは低いのは難点じゃがな。

 

【投信マイレージサービス】SBI証券のポイント還元サービスについてわかりやすく解説。

2019.01.02

 

Tポイントを使うことで個別株の取引を1株単位で行うことが出来ます。

 

秀次郎
楽天証券が投資信託であるのに対してSBI証券は個別株ということですね。

 

THEO(テオ)でのdポイント投資

ドコモの利用や、ローソン、ファミリーマートでのdポイントカードの利用でたまるdポイントも投資に使うことが出来ます。

dポイントカード利用でdポイントがたまる店舗一覧

 

dポイント投資ではロボアドバイザーのTHEO(テオ)のdポイント投資用の二つのプランで運用がなされます。

  • アクティブプラン (株式投資中心)
  • バランスコース(債券投資中心)

dポイント投資は現金を使わずにロボアドバイザーの運用を享受できる点は魅力です。

 

【THEO】スマートベータ運用で評判のロボアドバイザー『テオ』で投資を行うメリット・デメリットを解説!

2019.05.06

 

しかし、楽天やSBIと異なり現金化することができません。

運用によって運用益が発生したとしてもdポイントでしか還元されないという特徴があります。

 

つみたてNISAでの運用が可能

楽天証券のポイント投資では『つみたてNISA』で運用を行うことが可能です。

『つみたてNISA』は意外に知られておらず国民の1%しか実際に運用を行なっていないというデータがでています。

 

しかし金融庁が国民の長期的な資産形成のために肝いりで2018年から始めたサービスです。

金融庁が厳選した投資信託に投資を行うことで投資の運用益が非課税になる仕組みで長期的な資産形成に適した制度です。

 

どんな人におすすめ?つみたてNISA(ニーサ)とは!メリット・デメリットを一般NISAと比較しながらわかりやすく解説。

2018.12.31

 

通常の口座では後述しますが楽天ポイントで投資を行っても利益がでた分には20.315%の税金がかされます。

しかし、『つみたてNISA』を活用することで税金まで非課税とすることができるのです。

 

一方のSBI証券やdポイント投資ではNISA、つみたてNISA、iDeCoといった非課税制度を利用できません。

非課税制度の活用という観点からも楽天証券のポイント投資は抜きんでていますね。

 

分配金を受け取ることができる

個別株に投資できるTポイント投資は1株から投資ができ配当金も受け取ることができます。

ただ株主優待に関しては単元(100株又は1000株)以上でないと獲得する権利がないため、優待を獲得することはできません。

楽天証券ポイント投資は投信での投資であるため配当金や優待はそもそもありません。

しかし、投信が実施する分配金については受け取ることができます。

 

楽天証券のポイント投資のメリット

それでは楽天証券のポイント投資のメリットをTポイント、dポイント投資と比較しながら見ていきたいと思います。

現金を使わずにポイントを使って投資することができる

紹介した三つのサービス全てにいえることですが、ポイント投資では現金を使わずに投資をできることが最大のメリットです。

 

秀次郎
投資を始めたいけど大切な現金を使うのは怖いという方にはもってこいじゃな!

 

知らないうちに溜まっているポイントを買い物に使うのもよいのですが、投資デビューの橋頭堡にしてみてはいかがでしょうか。

ポイントを現金化することができる

dポイントはあくまでポイントの運用であり利益がでたとしてもdポイントとしてしか受け取ることができません。

一方、楽天証券とTポイントは貯めたポイントで投資を行うことができ、売却することにより『現金』を受け取ることができます。

 

信太郎
つまり楽天経済圏でしか使えなかった楽天ポイントを現金という共通通貨に変換することがでいるんじゃ!

 

ポイントを現金にできるという仕組みは画期的なシステムであるといえます。

 

取引によるポイントの還元率が圧倒的

dポイントはTHEO(テオ)での運用でポイントを運用できますが、ポイント自体が取引を通じて獲得できるということはありません。

しかし楽天証券とSBI証券では取引によってポイントを獲得することができます。

SBI証券は保有してる投信の残高に対して最大0.2%分のポイント還元率を獲得することができます。

SBI証券ポイント付与率
月間平均保有金額1,000万円未満1000万円以上
①通常銘柄0.10%0.20%
②指定銘柄A0.05%0.05%
③指定銘柄B0.03%0.03%
④指定銘柄C0%0%

 

信太郎
ただ難点としては長期投資に適したインデックス型の投信は還元率が低いということじゃ。

私が長期投資投信として推薦している楽天VTI等のインデックス型の投信は還元率が低い指定銘柄A-指定銘柄Cとなっています。

 

一方、楽天証券はポイント還元が以下のように充実しています。

  • 個別株・投信の取引手数料の1%がポイント還元
  • 投信積立の購入手数料が全額ポイント還元
  • マネーブリッジとの連携で投信保有残高10万円につき月間4ポイント
  • <超絶>楽天カードクレジット決済を用いた投信積立で月間5万円分に対して1%ポイント還元
  • <超絶>つみたてNISAの毎日積立を活用で月間3万円分に対して最大3%ポイント還元

 

特に楽天カードクレジット決済では年間最大60万円分の積立で1%分つまり6000円分のポイント還元を受け取ることができます。

購入手数料が無料で年間の信託手数料が0.2%未満の投信についても1%のポイント還元が実施されるのは超お得ですね。

 

楽天証券で投資信託を購入・積立するメリットとは?現金いらずのポイント購入・楽天クレジットカード積立で1%のポイント還元!?

2018.12.20

 

更に最後の『つみたてNISA』を用いた3%ものポイント還元について興味を持った方もいらっしゃるかと思います。

楽天銀行との連携(マネーブリッジ)とハッピープログラムに申し込む必要があります。

 

信太郎
無料で簡単に設定できるぞ!『マネーブリッジ &ハッピープログラム設定法』で説明しておるぞ!

 

その上で『つみたてNISA』の毎日積立で15本の投信を100円ずつ計1500円分投信積立することで3%分の45ポイントを獲得できます。

1ヶ月は約20営業日あるので30,000円分の積立に対して900円分のポイント還元を受けることが出来るのです。

詳しい設定方法については以下でわかりやすく説明しているので興味のある方は覗いてみてください。

 

【圧巻の裏技】楽天証券の『つみたてNISA』の取引開始迄のスピードとポイント還元率が驚異的でおすすめ!

2019.03.20

 

信太郎
ポイント還元は楽天証券が一強状態じゃ。ポイント投資が開始して以降楽天証券の口座開設数がSBI証券を大きく上回っているんのも頷けるわい。

 

大手ネット証券の口座開設数

 

楽天市場でのポイント還元率がアップする

楽天証券でポイント投資を月額500ポイント分以上行うと翌月の楽天市場でのポイント還元率が+1倍になります。

更に1%のポイント還元をうけるために楽天カードを保有している方もポイント還元率が上昇しています。

  • 通常楽天カード→+1倍
  • 楽天ゴールドorプレミアカード→+4倍
  • 楽天銀行保有→+1倍 

私は楽天証券でのポイント還元を最大にたかめるため、楽天カードも楽天銀行も保有し、楽天証券で500ポイント分以上の取引を行なっています。

結果的に以下のように楽天市場でのポイント還元率は7倍となっています。

楽天のポイント獲得倍率

 

秀次郎
1000円分楽天市場でお買い物をしたら70円分もポイント還元がなされるのですね!殆ど消費税分がお得ということになりますね!
信太郎
うむ。更に得られたポイントでポイント投資をすることで効果は倍増するぞ!

その他にも楽天ポイント還元率を上昇させるプランは以下のように数多く用意されています。

 

生活も投資も楽天で行うことで非常にお得に生活しながら資産を構築することができるのです。

 

楽天証券のポイント投資のデメリット

今まで楽天証券のメリットについてお伝えしてきましたがデメリットについて見ていきたいと思います。

期間限定ポイントをポイント投資に使うことができない

ポイント投資でポイントを使うことで楽天の他のサービスで楽天ポイントを使用することができません。

しかし、一種の天引き投資と同じと考えることをおすすめします。

ポイントで買い物をすることもできますが、今長期投資に適した投信に投資をすることで資産を増やすことができます。

例えば1万円分のポイントをお買い物で使っても1万円分の価値しかありません。

しかし楽天VTIのようなインデックス投資で年率7%で運用できれば30年後に7.6万円分の価値となって返ってくるのです。

 

信太郎
チリも積もれば山となるということじゃな!昔のポイントが老後の100万円に膨れ上がったら嬉しいじゃろ!

 

以下で長期投資におすすめできる投資信託についてランキング形式でお伝えしておりますのでご覧いただければと思います。

 

長期投資に適した投資信託の選び方を徹底解説!証券アナリスト視点で『おすすめ投資信託』を紹介する。

2019.02.06

 

ポイント投資でも税金が発生する

dポイント投資では運用に増えた利益は一時所得としてカウントされます。

一時所得の特別控除学は50万円なので50万円分の利益を超えない限りは課税されることはありません。

 

信太郎
10万円分のポイント投資をして20万円分にまで増えても利益は10万円分やから非課税になるな。

 

一方楽天証券のポイント投資やSBI証券のTポイント投資は現金で最終的に受け取ることになります。

現在投資に関する税金は20.315%となっています。

例えば1000円分ポイント投資で投信を購入して売却した時に1200円になっていたら200円分の20.315%つまり40円が税金として徴収されます。

 

信太郎
特定口座(源泉徴収有り)であれば勝手に納付してくれるぞ!

 

また先ほどお伝えしたように『つみたてNISA』を活用して投信積立を行うことで税金も非課税とすることができます。

 

まとめ

楽天証券のポイント投資は以下のメリットとデメリットを備えています。

【メリット】

  • 売却時に現金として受け取れる(dポイントはポイントでしか受け取れない)
  • ポイント還元率が他のポイント投資と比較して群を抜いて高い
  • 楽天市場でのポイント還元率が上昇
  • 100ポイントという少額から投資を行うことができる
  • つみたてNISAを利用できる(他のポイント投資は非課税制度を利用できない)

 

【デメリット】

  • 買い物等でつかえなくなる→将来何倍にもなる
  • 税金がかかる→『つみたてNISA』を使えば非課税に

 

信太郎
ポイントの獲得のしやすさ、楽天証券利用でのポイント還元率の高さ、つみたてNISAとの相性と群を抜いたポイント投資サービスといえるじゃろう!



[おすすめネット証券ランキング]

2019年現在で株式投資を始めるにあたり、マネリテ編集部が厳選したネット証券をランキング形式にまとめておりますので参考にしてみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。