【個人投資家必見】無料で利用可能!マネックス証券の『銘柄スカウター』で日本株分析する方法を解説。

【個人投資家必見】マネックス証券の『銘柄スカウター』が無料なのに個別日本株分析に非常に有用なので紹介する

株式投資で必須のツール、マネックス証券の『銘柄スカウター』。

マネックス証券で口座開設をした方に『無料』で提供されている個別株分析ツールです。

個人投資家が銘柄を分析する時に欲しい『ほぼ全てのデータを可視化』してくれております。

 

信太郎
正直、わし自身『銘柄スカウター』を使用してみて、もう手放せないレベルの使用感なんじゃ。
秀次郎
さらに楽天証券の銘柄スクリーニング機能『スーパースクリーナー』と組み合わせることで効果抜群じゃな!

 

このコンテンツでは、銘柄スカウターのおすすめの機能についてわかりやすく説明していきます。

また一例として、ツールの使い方を、日本の代表的な銘柄である『トヨタ自動車』の実際の画面を用いて紹介します。

最初に、銘柄スカウターの特徴の簡単な要約は以下の通りです。

 

  • 最大過去10年間の売上高や営業・経常・当期利益を通期並びに四半期毎にグラフで可視化
  • キャッシュフロー等の財務指標を最大過去10年分グラフで可視化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧で表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能で同業銘柄との相対的魅力を探ることが可能

 

 

目次

通期で過去10年の企業業績データが全て網羅されている

まずは、直近の予測と過去10年分。

つまり11年分の『売上高』『営業利益』『当期利益』の推移を確認することができます。

 

秀次郎
『営業利益』『経常利益』『当期純利益』は何がちがうんじゃ?
信太郎
本業の稼ぎは営業利益、本業以外の稼ぎを加味したものが経常利益、特別損益を足し引きし法人税を支払った後の最終利益が当期純利益じゃ!

 

【損益計算書の見方】営業利益・経常利益・純利益の違いをわかりやすく解説。

【図解・詳細版】「損益計算書」(PL)の見方!営業利益・経常利益・純利益の違いをわかりやすく解説。

2019年4月29日

 

営業利益企業が本業で稼いだ利益のことです。
売上高から売上原価を差し引いた売上総利益から、販売費及び一般管理費を差し引いて計算します
経常利益経常とは平常であればという意味で特別な利益や、損失が発生しない場合の利益です。
営業利益+営業外収益-営業外費用で算出されます。
営業外利益は受取利息や有価証券売却・評価益等
営業外費用は支払利息や有価証券売却・評価損等となります。
当期純利益経常利益に特別損益や法人税の支払いを行なった後の最終利益。

 

以下のデータは『売上高』『営業利益』『当期利益』を表示しています。

右の欄にあるチェック項目で自分の好きなものだけを表示させることができます。

 

マネックス証券の銘柄スカウターで確認できる過去10年間の通期業績推移

 

また下にスクロールすることによって、データとして確認することが出来ます。

 

銘柄スカウターで確認できる業績データの図

 

データ上みると、EPSやBPSの伸びについても確認することが出来ます。

例えば「EPS(1株あたり純利益)」というのは利益を発行済株式数で割った指標です。

 

EPS = 純利益 ÷  発行済株式数

 

信太郎
株価は1株あたりの企業の値段じゃから、1株あたりの利益であるEPSの方が純利益より重要な指標です。
秀次郎
株価 = PER × EPS で表すこともできますからな!

 

また、たとえ純利益が上昇していたとしても、発行済株式数が上昇していた場合はEPSが上昇するとは限りません。

 

例えば純利益1億円で発行済株式数10,000株とすると1株あたり純利益は10,000円となります。

 

EPS = 1億円 ÷ 10,000株 = 10,000円

 

1年後利益が1.5億円と1.5倍になったとしても、発行済株式数が2倍の20,000株とすると

 

EPS = 1.5億円 ÷ 20,000株 = 7,500円

 

と利益が上昇したとしても、1株あたりの純利益は75%のに減少してしまう結果となります。

これはつまり、株主としての価値が下落します。

純利益と共に、EPSも確認するようにしましょう。

 

 

また、図の上のタブで「前期比」をおせば前期比それぞれが何%上昇したのか。

また指数のタブをクリックすると、基準年を100として各指標がどのように推移しているかを可視化しています。

 

銘柄スカウターの指数機能

 

 

指数機能も過去5年前と10年前を基準にすることができます。

10年前はちょうど「リーマンショック」、利益指標が全てマイナスでした。

 

それにより、2009年時点が▲100に設定されてしまいます。

金融危機時の業績推移で企業を評価すべく、図は見やすいように過去5年のデータとしています。

 

銘柄スカウターの指数機能

 

上記をみてみるとトヨタ自動車は『営業利益』『経常利益』はほぼ横ばい。

しかし『当期利益』が上昇しております。

つまり、特別利益が当期利益に貢献していることが読み取れますね。

 

それぞれの利益の変遷をみることで、ただ当期純利益が伸びているという現象の理由を『本業』なのか?

営業外収益』なのか?

特別利益』の影響なのか?

 

これらを一目で捉えることができるのです。

 

さらに隣の利益率のタブを押します。

すると以下の推移を確認することができます。

 

  • 売上高営業・経常・当期利益率
  • ROE
  • ROA

 

銘柄スカウターで検索できるROEとROA

 

2009年〜2013年までROEとROAが上昇しています。

しかし、その後は横ばいで利益の効率が上昇していないことがわかります。

 

【株価指標まとめ】株式投資で銘柄分析する上で最低限押さえておきたい基礎知識。

【株価指標まとめ】株式投資で銘柄分析する上で最低限押さえておきたい指標(PER・PBR・ROEなど)とその見方。

2019年5月22日

 

目次に戻る

貴重な四半期毎のデータを確認できる

基本的に財務諸表は累積で発表されます。

例えば、第3Qの決算では第1Q〜第3Qまでの累積の売上や利益を発表されます。

 

信太郎
なんと、『銘柄スカウター』では四半期毎の売上・利益・ROE・ROA等の上記で説明したデータを確認することが出来るんじゃ!

 

『銘柄スカウター』では四半期毎の売上・利益・ROE・ROA等の上記で説明したデータを確認できます。

 

【ROE・ROAとは?】「自己資本利益率」と「総資産利益率」の計算方法と投資判断の基準・目安をわかりやすく解説。

【ROE・ROAとは?】「自己資本利益率」と「総資産利益率」の計算方法と投資判断の基準・目安をわかりやすく解説。

2018年12月20日

 

銘柄スカウターの四半期の業績

 

信太郎
企業によっては四半期毎に大きな利益の時や小さな利益の変遷が激しいような企業もあるからの!

 

四半期毎の利益の変遷を確認できるのは嬉しいですよね。

 

目次に戻る

財務的な安定性も一目で視覚化されている

ここまでは売上や利益などの指標を視覚化していました。

さらに、銘柄スカウターでは「キャッシュフロー」や財務の安定性について確認することが出来ます。

 

信太郎
つまるところ企業活動が堅調かどうかはキャッシュを見ればわかるからな。欧米ではキャッシュを重要視する風潮となってきておるぞ!

 

営業CF本業による収入と支出の差額で、本業で結果的にどれだけのキャッシュを稼いだのかを示した項目です。
投資CF投資活動によって生じたキャッシュの増減を表します。
新しい投資を行えば投資CFは減少しますし、配当又は投資していた資産の売却を行なった場合は投資CFは増加します。
財務CF営業活動を維持して必要な投資を行うための資金の調達(+)と、
借りていた資金の返済(-)の合計。
FCFフリーキャッシュフロー」。営業CF+投資CFの合計です。
現金・現金等価物現金や売掛金・受取手形、有価証券のような現金換金性が高い資産

 

以下はトヨタ自動車の

  • 営業CF
  • 投資CF
  • 財務CF
  • FCF
  • 現金・現金等価物

です。

 

フリーCFの長期推移の銘柄スカウターで確認する方法

 

営業CFは2016年まで基本的に増加基調です。

また積極的に投資を行なっていることもあり、投資CFはマイナス傾向がつづいています。

結果、フリーキャッシュフローは僅かな増加となっています。

 

また現金・現金等価物は増加基調にあること。

また、財務CFが減少基調にあることから借入金を返済していることがわかります。

 

信太郎
つまり現金が増加して借入金が減少しているので財務的な安定性は増しているとみることができるの!

 

目次に戻る

『PER』『PBR』『配当利回り』についての過去推移を確認できる

『銘柄スカウター』では、「PER・PBR・配当利回り」の過去からの推移を確認することができます。

 

信太郎
通常は現時点の数値しか確認できない指標じゃな。
秀次郎
他の証券会社では、その時点でのPER・PBRを確認することができるが、過去からの推移を確認できるのは『銘柄スカウター』しかないぞ!
信太郎
その企業の歴史からみてPER、PBRが割安水準かどうかを見れるのはありがたいな。

 

今現在の「PER」や「PBR」は利益や純資産を現在の株価水準と比較して割安度をはかるための指標です。

配当利回り」は得られる配当水準だけでなく下落耐性についても見ることが出来ます。

 

PERPER (Price Earning Ratio)の略で現在の株価水準と1株利益EPSの関係性を表した指標です。

 

【PER = EPS ÷ 株価】

 

で算出することができ、低いほど割安な指標となります。

一般的には10倍を下回ると割安とされますが、業界によって差があります。

 

PER(株価収益率)/PBR(株価純資産倍率)とは?概要とその適正値(及び目安)をわかりやすく解説。

PER(株価収益率)とPBR(株価純資産倍率)とは?その概要と適正値(目安)をわかりやすく解説。

2019年2月8日
バリュー株(割安株)投資!PER/PBR・財政状況を把握して銘柄をスクリーニングする方法を解説。

バリュー株(割安株)投資!PER/PBR・財政状況を把握して銘柄をスクリーニングする方法を解説。

2019年2月18日

 

PBRPBR (Price Book-Value Ratio)の略で現在の株価水準と1株あたり純資産(BPS)の関係性を表した指標です。

【PBR= BPS ÷ 株価】

で算出することが出来、低いほど割安な指標となります。

一般的には1倍を下回ると割安とされますが、業界によって差があります。

配当利回り文字通り配当金の利回りです。

【配当金利回り=1株あたり配当金 ÷ 株価】

で表されます。

配当利回りが高い株は下落しにくいという特性があります。現在日経平均の平均配当利回りは2%程度です。

 

「配当性向」と「配当利回り」とは?計算方法と目安となる平均値から活用方法まで徹底解説!

「配当性向」と「配当利回り」とは?計算方法と目安となる平均値から活用方法まで徹底解説!配当性向100%以上の企業も存在・・・?

2019年10月20日

 

 

 

【株価指標まとめ】株式投資で銘柄分析する上で最低限押さえておきたい基礎知識。

【株価指標まとめ】株式投資で銘柄分析する上で最低限押さえておきたい指標(PER・PBR・ROEなど)とその見方。

2019年5月22日

 

まずはPERについて確認してみましょう。

トヨタの予想PERは以下のように下落基調となっています。

 

銘柄スカウターで確認できるPERノカコカラノスイイ

 

利益ベースは増加基調であるにも関わらず、株価は横ばい。

PERは下落して割安度は増してきていることがわかります。

現在のPERは8.5倍という割安水準となっています。

 

トヨタ自動車の株価推移

 

また、PBRを見て見ると純資産が増加しており下落基調。

割安度が増していることがわかります。

 

銘柄スカウターでみるPBRの推移

 

次に配当利回りですが、同じく『銘柄スカウター』で配当金の水準を確認することが出来ます。

 

銘柄スカウターで確認できる配当利回り

 

配当金自体は微増している中で株価は横ばいであるため、配当金利回りは以下のように若干増加しているということになります。

 

銘柄スカウターで確認できる配当利回り

 

目次に戻る

『業績ニュース』と『適時開示』が一覧となっておりみやすい

業績に関するニュースや適時開示についても一覧としてまとまっています。

まずは業績ニュース履歴。

決算発表にとどまらず書く金融機関が出している業績予想、コンセンサスまでを一覧で確認することができます。

 

業績予測

 

また、会社が発表している「適時開示」についても一覧にしてまとまっています。

なにか株価が急変した際には、適時開示を確認するようにしましょう。

 

銘柄スカウターで確認することができる適時開示

 

目次に戻る

銘柄比較機能で同業他社との比較も一覧で行うことができる

銘柄スカウターには様々な企業の指標を横並びで比較することができる機能があります。

 

信太郎
これは大きいぞ!業界によって高いPERの業界と低いPERの業界があるからな。同業他社に比べて割安かどうかを比べることができるんじゃ!

 

銘柄については、自分の好きな銘柄を登録することができます。

トヨタ自動車と比較するために同業他社の

 

 

などの会社を横並びに比較してみました。

 

銘柄スカウターの銘柄比較機能

横並びにPER、PBR、配当利回り、ROE、ROAを比較。

これにより、同業他社と比較して魅力的な銘柄なのかを相関的に俯瞰できます。

 

先ほど、トヨタ自動車のPERとPBRから割安であることが確認できました。

しかし、横並びで他社と比較することで、PERは他の同業銘柄と同水準でPBRについては相対的には割高であることがわかります。

 

また、ROEとROAについても特段高い水準ではないことがわかります。

各指標について以下のようにグラフで横並びに比較することができます。

 

銘柄セクターで確認できるPERの銘柄比較チャート

 

全体として、自動車セクターがマツダ以外同じ動きをしておりトヨタ自動車特有の動きではないことがわかりますね。

また、最初にトヨタ自動車単体で確認することができた業績については比較銘柄を横並びで比較することができます。

 

通期業績の銘柄別比較

単体銘柄だけでなく同業他社と横並びで比較することにより、相対的な魅力を探ることができる他にはない非常に便利な機能ですね。

 

目次に戻る

まとめ

マネックス証券の『銘柄スカウター』は日本株の分析に有用な以下の機能を『無料』で取り揃えています。

 

 

正直、銘柄分析において必要と思われる要素が全て揃っています。

銘柄分析においては欠かせないツールといえます。

 

  • 最大過去10年間の売上高や営業・経常・当期利益を通期並びに四半期毎にグラフで可視化
  • キャッシュフロー等の財務指標を最大過去10年分グラフで可視化
  • PER・PBR・配当利回りといった指標の過去推移を可視化
  • 業績ニュースや適時開示を一覧で表示
  • 複数銘柄を一覧で比較可能で同業銘柄との相対的魅力を探ることが可能

 

ネット証券会社について魅力度毎にランキング形式でまとめていますのでご参考まで。

おすすめ順は楽天証券、SBI証券、マネックス証券です。

 

おすすめ証券会社ランキング

【2020年】おすすめネット証券会社「総合」ランキング!!あらゆる側面から開設すべき証券口座を格付け。

2018年11月11日

 

 

以上、【個人投資家必見】無料で利用可能!マネックス証券の『銘柄スカウター』で日本株分析する方法を解説。…でした。

 

【完全版・マネックス証券口座開設マニュアル】ツールと米国・中国株取引で評判のネット証券のおすすめポイントと口座開設方法を徹底解説!

【完全版・マネックス証券口座開設マニュアル】ツールと米国・中国株取引で評判のネット証券のおすすめポイントと口座開設方法を徹底解説!

2019年1月24日

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。