【資産運用】2000万円を運用する際の年代別おすすめ投資ポートフォリオを徹底解説!

【資産運用】2000万円を運用する際の年代別おすすめ投資ポートフォリオを徹底解説!

2000万円というと1000万円の2倍の金額となり、若い世代の方ではなかなか達成できない金額です。

 

実際、以下金融庁がまとめている年代毎の資産分布です。

2000万円以上の資産を保有している方は殆どが60歳〜70歳の高齢者の方となっています。

 

日本の家計資産の分布

(引用:金融庁データ)

 

信太郎
ワシが天下に覇を唱えた40代ですら達成している方は少数派じゃの。

 

2000万円も十分な大金ですが、老後の資金ということを考えると心許ない数字だと不安に思われている方も多いのではないでしょうか。

 

本日は2000万円を資産運用して増やしていく方法を30歳〜50歳までの方と、50歳以上というリスク許容度が異なる年代別に分けてお伝えしていきたいと思います。

目次

30歳〜50歳の方は株式投資を主軸に添えたポートフォリオがおすすめ

30歳の方であれば定年まで30年、直近の定年70歳時代の到来への動きを考えると定年まで40年間の時間があります。

50歳の方でも定年まで10年、定年を70歳までと考えると20年もの期間があります。

 

つまり30歳〜50歳の方であれば長期投資を行うことが出来るのです。

 

長期投資を行えば安定的な年率リターンを狙うことができる

時間というのは投資を行う上で宝です。

伝説の投資家「ウォーレンバフェット」は御年90歳ですが60歳以上の時間で現在の殆どの資産を築いています。

そして長期投資を行うと投資リターンが安定するという特性が資産運用にはあります。

 

実際、5年間投資を行った場合と20年間長期投資を行なった場合の以下の金融庁のデータをご覧ください。

 

以下の結果は、毎年世界各国の債券不動産等の資産に分散積立投資を行った場合のリターンとなっています。

 

長期投資の有効性

(引用:金融庁)

 

5年間の投資では年率で▲8%程度の下落、つまり5年間で35%の下落を被る可能性もあります。

 

しかし、20年間長期投資を行なった場合は最低でも年率2%、最高で年率8%、平均して年率5%程度のリターンを得られることがデータとして分かっています。

 

各年率利回りで20年間毎年100万円ずつ積立運用した場合の資産は元本2000万円(=100万円×20年)に対して以下のように増幅します。

 

・最低2%で運用:2420万円
・平均5%で運用:3306万円
・最大8%で運用:4576万円

 

短期的には上下動を行うことがあったとしても、長期間にわたって積立投資を行うと大きな資産を形成することができるのです。

 

30代の方は米株インデックス投資一本足が最適〜2000万円を4億円以上に増やすことも可能〜

30代の方は引退まで30年〜40年が見込まれるのでリスクを恐れずに株式投資一本がおすすめです。

 

信太郎
そもそもリスクというのは下落する可能性ではなく、価格の変動幅のことじゃぞ!

 

投資におけるリスク(=標準偏差)

投資におけるリスク(=標準偏差)とは?株・投資信託のリスクリターンの意味・計算方法を理解しよう!

2019年4月26日

 

価格の変動は高かったとしても長期的にみると最もリターンが高いのは株式投資なのです。

株式投資の中でも米国インデックス(株価指数)は基本的に10年単位でみると右肩上がりになっています。

 

【アメリカの株価指数】初心者が知るべき米国代表指数(ナスダック総合指数・S&P500・NYダウ・ラッセル2000)をまとめて紹介!

【アメリカの株価指数】初心者が知るべき米国代表株価指数(ナスダック総合指数・S&P500・NYダウ・ラッセル2000)をまとめて紹介!

2019年8月7日

 

以下は1880年からの米国の代表的な指数であるS&P500指数の超長期チャートです。

 

S&P500指数の1870年からの超長期チャート

 

信太郎
米国株の魅力については『アメリカ株の魅力を徹底解説!』で説明しておるぞ。

 

30年単位でみるとリターンは安定してインフレ調整ベースで年率5%-年率10%の間で安定しています。

 

秀次郎
インフレ調整ベースとはどういうことですか?
信太郎
実際のリターンからインフレ率を差し引いて算出しておるんじゃ。つまり実際のリターンはインフレ率を逆に足した数値になるぞ!

 

インフレ率は平均して2%-3%の間で推移しているので、額面の上昇率という意味でいうと8%-13%程度の平均年率リターンとなります。

 

年率8%というのは例えば1928年の時点で2000万円を投資したら30年後の1958年の時点で約2億円。

 

年率10%で運用していれば3億4900万円、年率13%で運用できていれば7.8億円という莫大な資産を築くことができます。

 

1928年からの30年間の平均リターン

 

さらに40年間という観点でいうとインフレ調整後で安定して平均して年率6%-8%のリターンとなっているのです。

 

信太郎
つまり額面では8%-11%のリターンということじゃな。

 

保守的に8%で運用したと考えると40年後に2億9900万円と約4億3000万円円に達っすることになるのです。

 

インデックス投資を積立で行うのが効果的-楽天証券の投信積立で『お得』に積立を行おう-

長期的に見て殆ど資産を失うリスクはないと分かっていても、一気に2000万円を投資するのは怖いという方もいらっしゃると思います。

そのような方におすすめなのがドルコスト平均法での投信積立です。

 

【継続は力なり】投資信託を積み立てるメリットとは?投信積立におすすめの証券会社も併せて紹介!

【継続は力なり】投資信託を積み立てるメリットとは?投信積立におすすめの証券会社も併せて紹介!

2019年2月22日

 

毎月同じ金額で積立ることで価格が高い時は購入数量が小さく、価格が下落すれば購入数量が多くなるので平均保有コストが平均化します。

 

投信積立を行うことで平均的なリターンである年率7%により近づけることができます。

積立購入するべき投資信託楽天全米株式インデックスファンド一本です。

 

バンガード社旗艦ETF『VTI』に投資できると評判の『楽天・全米株式インデックス・ファンド』のメリットと魅力を徹底評価!

【楽天・全米株式インデックス・ファンド】バンガード社旗艦ETF「VTI」に投資できると評判の楽天VTIとは?魅力をわかりやすく評価!

2018年12月26日

 

楽天VTIは米国のほぼ全ての銘柄に分散投資を行うことができるバンガード社の旗艦ETFであるVTIを投資信託に仕立てたものです。

投資家は楽天VTIを購入することで日本円で簡単にVTIを購入することができます。

 

日本円で購入するものの、為替ヘッジは行なわないので米ドル建の資産を保有していることになります。

通貨分散を行なわなくてよいという観点でも魅力的になります。

 

秀次郎
しかし、手数料は本家のVTIが0.04%(年率)じゃが、楽天VTIは0.1696%(年率)と非常に安いが本家よりも高いので本家を買った方がよいのではないですか?

 

信太郎
そんなことはないぞ。楽天証券投信積立を行うと年間最大60万円分まで購入額の1%がポイント還元されるんじゃ!

 

秀次郎
手数料が年率0.1696%なのにポイント還元は1%ですか!7年分の手数料が頂けるわけですね。これは非常にでかいですね。

 

信太郎
さらにもらったポイントで楽天VTIを購入することができるぞ!お買い物で溜まったポイントでも購入が可能じゃ!

 

楽天証券はポイント還元が充実しており、更にポイントで投資ができることが最大の魅力です。

日経テレコンを3日分無料で読めたり、スマホで簡単にトレードできたり、デイトレの手数料が無料であったりとメリットをあげたらキリがありません。

 

楽天証券の魅力については以下で纏めていますので参考にしてみてください!

 

楽天証券のおすすめポイントを紐解く!お得な特典が満載と評判の総合ネット証券のメリットから口座解説方法まで徹底解説。

【漫画・吹き出し形式でやさしく解説】楽天証券のおすすめポイント!お得な特典が満載・評判の総合ネット証券のメリットから口座開設方法まで解説。

2019年1月13日

 

40代の方はロボアドバイザーで適度な株式配分を

30代の方は株式一本ばりが最も巨大な資産を残せる可能性が高いとおすすめしてきました。

40代も前半の方であれば、米国インデックス投資一本だてで問題ないと思います。

 

しかし中盤以降となってくると60歳の定年が見えてくる年齢ということで、あまりリスクは取りたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

あまりリスクは取りたくないものの資産も増やしていきたいという方におすすめなのがロボアドバイザーです。

 

ロボアドバイザーは簡単な質問に答えるだけで株式、債券、不動産、商品を混ぜ合わせて個々人のリスク許容度にあったポートフォリオを組成してくれます。

 

【ロボアドバイザーとは?】評判の『ロボアド』のメリット・デメリットを含めて特徴を徹底解説!

【ロボアドバイザーとは?】評判の『ロボアド』のメリット・デメリットを含めて特徴を徹底解説!

2019年5月20日

 

入金するだけで自動で運用を行ってくれるので資産運用初心者の方であってもおすすめですね。

ロボアドバイザーは世界最先端の運用手法を、高品質のETFや投信を組み合わせて実現してくれます。

 

ロボアドバイザーの中でもおすすめなのがTHEOです。

 

【THEO】スマートベータ運用で評判のロボアドバイザー『テオ』で投資を行うメリット・デメリットを解説!

【THEO】スマートベータ運用で評判のロボアドバイザー『テオ』で投資を行うメリット・デメリットを解説!

2019年5月6日

 

THEOは米国の年金機関等が採用しているスマートベータ戦略を採用しており、更に米国の高品質ETFを用いて運用が行なわれています。

2016年10月からの実績ですが、背景の薄青が元本で、青線が運用実績となっています。

 

119万円の積立に対して1,266,512円と8万円近く増加しています。

 

 

2018年に入って相場動向が怪しくなってきているので現在は大分株式のポーションを減らしていますが、常に元本を上回り続けていますね。

2018年度の日経平均が20%下落する局面でも殆ど資産を失っていないのは特筆にあたいすべき点です。

 

THEOでは相場環境が怪しくなってくるとAIが判断すると自動的に保守的なポートフォリオに組み替えてくれる点も初心者の方にはありがたいポイントです。

相場環境にもよりますが年率7%程度を長期的に狙っていくことが可能となるでしょう。

 

7%であっても20年後に8000万円近辺となりますので十分老後の資産の足しにすることは可能となります。

 

 

目次に戻る

50歳以上はオーリシーズンズポートフォリオで安定的なリターンを目指そう!

50歳以上の方であれば、老後の資産形成に向けて安定的なリターンを求める方が多いのではないでしょうか。

一つの方法としては40代の方のおすすめで紹介したロボアドバイザーにリスクが低い設定で運用を任せるという方法があります。

 

しかし、自分で運用したいという方におすすめなのがレイ・ダリオが提唱するオールシーズンズ戦略です。

 

オールシーズンズ戦略(青)を構築すれば通常の株式インデックス(赤)に対して価格変動がすくなく安定したリターンを出すことができます。

つまりリスクを抑えながら、ある程度高いリターンを狙うことができるのです。

 

秀次郎
安心安全なリターンが期待できるの!
信太郎
1978年1月時点の1万USDが2019年1月時点で40万USDまで大きく上昇しておるぞ!年率になおすと9.34%のリターンじゃ。

 

1978年からのオールシーズンズ戦略

Portfolio Visualizerより編集部作成

 

 

レイ・ダリオとは?

レイ・ダリオは運用資産が17兆円と世界最大のヘッジファンド『ブリッジ・ウォーター・アソシエイツ』の創業者です。

 

レイ・ダリオ
秀次郎
ヘッジファンドとは何なんですか?投資信託と何が違うんですか?
信太郎
ヘッジファンドはどのような相場でも利益をだすことを目指すファンドなんじゃ。

 

投資信託は例えば日経平均連動の投信であれば、日経平均が下落する局面では基準価格が下落しても仕方ありません。

しかし、ヘッジファンドは如何なる相場環境であってもリターンを叩き出すことを求められる絶対収益型のファンド形態なのです。

 

オールシーズンズ戦略とは

いよいよ本題ですがオールシーズンズ戦略はレイダリオが個人投資家に向けて如何なる局面であっても一定のリターンを狙うことができるポートフォリオとして提唱しているものです。

 

彼は株式は債券の3倍のリスクがあると考え債券のポーションを大きめに設定しています。

All seasonsというくらいなので経済にも季節と同様に四季があると考えてポートフォリオを設定します。

 

レイ・ダリオは経済の季節としては以下の四種類があると考えています。

 

 

全ての局面で対応できるように以下のようにポートフォリオを組成します。

 

オールシーズンズポートフォリオ

2000万円でオールシーズンズポートフォリオを組成する

それでは2000万円を一番豊富にETFを取り扱っている楽天証券で完璧に再現する方法についてお伝えしていきたいと思います。

カテゴリー商品ポーション
米国株式VTI600万円(30%)
中期米国債IEF300万円(15%)
長期米国債TLT800万円(40%)
GLD300万円(15%)

 

購入方法は非常に簡単で、まず楽天証券の口座を開設(無料)します。

 

 

口座開設後のトップページから以下の手順をふむことで簡単に購入することができます。

キーワードに先ほどの商品名のTickerを入力すると簡単に銘柄が出てきます。

 

楽天証券でのVTIの購入方法

オールシーズンズ戦略で狙えるリターン-2000万円をいくらまで安定して増やせるか-

オールシーズンズ戦略で狙えるリターンを想定していきましょう。

まず以下の最初の期間に$10,000を投資した場合の2019年時点の資産の増大と年率リターンについてまとめます。

 

【1980年→2019年の39年間】

オールシーズンズ戦略の1980年→2019年の41年間のチャート

【1990年→2019年の29年間:$92,000 (年率7.91%)】

オールシーズンズ戦略の1990年→2019年の29年間のチャート

 

【2000年→2019年の19年間:$38,000 (年率7.16%)】

オールシーズンズ戦略の2000年→2019年の19年間のチャート

【2010年→2019年の9年間:$19,700 (年率7.46%)】

オールシーズンズ戦略の2010年→2019年の9年間のチャート

 

各年代のチャートをご覧いただいてわかることですが、株式ほど激しい価格の変動はなく安定して7%-9%のリターンを叩き出していることが分かります。

 

リターンは多くの期間で株式一本の方が優っていますが、2000年からの期間ではオールシーズンズ戦略のリターンの方が高くなっています。

 

2000万円を50歳の時から60歳まで70歳までの各期間平均年率7%と9%で運用した場合の資産は以下となります。

 

7%運用9%運用
60歳時点3934万円4734万円
70歳時点7739万円1億1208万円

 

70歳時点では1億円も見えてくる水準にもっていくことは可能ですね。

 

 

目次に戻る

まとめ

2000万円の資産を達成するのは非常に難しいですが2000万円を長期的な目線で運用することで大きな資産を形成することができます。

30代に方は長期投資目線で元手2000万円を米国インデックス投資を行うことで4億円以上の資産を構築することも可能となります。

 

また40代の方はロボアドバイザーで適度な株式比率で運用することが選択肢として有効になってくるでしょう。

 

50代以降の方は出来うる限り損失を出さずに一定のスピードで増やすという観点からレイ・ダリオ氏の提唱するオールシーズンズ戦略が有効になります。

 

価格変動を抑えながら年率7%-9%程度を安定的に狙うことができ、老後の資産を守りながら構築することができるでしょう。

 

 

以上、【資産運用】2000万円を運用する際の年代別おすすめ投資ポートフォリオを徹底解説!…でした。

[お金の学校特集]

 

昨今の2000万円問題もあり、投資による自助努力で、老後資産を築き自身の身を守る必要が出てきてました。

 

しかし、焦って投資を進めてしまうのはおすすめしません。 必ず失敗します。

 

知識をしっかり仕入れた上で投資は実践していく必要があります。

 

 

その知識を学ぶにあたり、近年「お金の学校」への注目が高まっています。

 

長年、資産運用を学んできた編集部が、お金を専門としたスクールについての特集コンテンツを作成していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

お金の学校特集

お金の学校の特集へ

 

 

[おすすめ株式投資セミナー特集]

 

株式投資を「専門家や現役で成功している投資家に学びたい」という方は多いのではないでしょうか?

 

 

現在は、有難いことに、会場開催型、オンライン型など、優良セミナーが数多く開催されています。

 

ここでは、株式投資で成果を出したい初心者の方におすすめできるセミナーを以下の観点から、ランキング形式でお伝えしています。

 

◯ 講義は満足できる内容か?

◯ 運営は信頼できるか?

◯ 口コミや評判は良好か?

 

株式投資セミナー

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

マネリテ!編集部は東京大学経済学部卒の証券アナリストを中心とした金融知識が豊富なメンバーが株式投資初心者に向けて有益な情報を提供しています。株式投資を行う意義から基本用語、おすすめのネット証券・投資先情報をお伝えするメディアです。日本人の金融リテラシーの向上と明るい未来を目指しています。